fc2ブログ
2021 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 11

テポドン発射は北朝鮮・市駐車場独占は市職組 手前勝手な論理を許すな!

kage

2006/07/06 (Thu)

 何年も前から市役所前の駐車場の職員駐車問題が市民の間に物議を醸し、本会の掲示板にも幾度か書込みがあったが、一向に改める気配がない。

 市職員だからといって必ずしも通勤に車を使用する必要はあるまい。車社会だからといって車で通勤する市職員のために市が駐車場を用意する必要もない。
一般的に車で通勤を余儀なくする人たちは有料で付近に駐車スペースを確保しているものだ。市職員は甘えることなく歩いて通勤するか、駐車場を自分で確保して執務すべきがスジだと市民の多くは考えている。どうしてもという職員のためには市の駐車スペースを有料にすれば市民も納得するだろう。
 小生は以前から職員の無料使用を問題にして市の上層部に是正するよう働きかけてきたが「市には有料駐車場管理項目は無い」と、にベもなく否定される。
車社会を想定した行政感覚が望まれるところ市職労の反発を危惧してのことだろうが、それではいつまで経っても市民の怒りは納まらないのであろう。
仮に駐車場を有料化した場合、市の歳入は如何ほどのものになるであろうか。市職員の中に主権在民の意識が育っているならば「駐車場の無料使用」は即時解決するはずだ。
職員一人々々には「みんなで渡れば恐くない主義」意識が巣くっているからであろう。職員に聞いてみたい「市民の駐車場を無料で占用して矛盾を感じないか?」
市民の多くは「理屈のわからない職員にサービスは受けなくてもいい」という不満を永年待ちつづけてきたのであろう。市職労の陰に隠れて「実を謳歌している卑怯な職員はもはや要らない」のだ。
 社会環境が疲弊につぐ疲弊を重ねてくると、国民や市民の血税を食む公務員との格差の開きに腹が立ってくるようなご時世だ。抑圧された民衆のエネルギーが爆発する前に米沢市は考えるべきだ。ともかく無駄は省くべきである。
 「人は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」先人は平等観念をこう披瀝したが実際には「己れは己れの上に人をつくることを好まず、己れの下に人をつくりたい」のが行政マンの本音だ。
その典型が安部市長であり各議員職にある主権在民を否定する人たちであろう。小生の見解を否定するならば、「市民たちのために何を成したか」を指を折って数えてみよ。
かつて落選回数の多かった鈴木金造議員は「日本一の排水溝」を館山地区に残していったではないか。恥ずかしいことに地元館山は施設の利便さに浴しながらも再度落選させてきた。これがザワ衆根性の典型というものであろう。

 米沢の首長たるものは「知恵は借りるものであり、謙虚に学びとることだ」安部市長にはそこが欠けていると聞く。「自分の意見を絶対的だとして、他の意見に耳を貸さない」という評判が職員の中からも出てくる始末だ。
安部市長が肝煎りで連れてきた、市の組織図にない参与に据えた福島大学教授にさえも愛想をつかされ逃げられたご仁だ。
肝心の知恵袋を失った安部市長だが来期も市長の椅子を狙って出馬するという破廉恥ぶりには呆れるばかりだ。
市民の一人としてわが市の市長を罵倒しなければならない不幸は惨めなものだが、米沢市のために言いつづけなければなるまい。
遠藤武彦陣営の応援を再度受けられるものと考えて出馬するのであろうが、遠藤議員の去就はいかに。
市町村トップが判断すべきことも出来ず、担当職員に隠れて指図しているガンセナイ市長である。

 担当職員よ此処は独裁国北朝鮮ではない。民主国家であるぞ。首長の指図でとはいえ「嘘に嘘を重ねる行為」は直ちに慎むべきだ。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック