2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

落選効果?

kage

2015/12/11 (Fri)

落選効果?

 市民として、役所が所有する情報を知るには「米沢市情報公開条例」の定めによるが、その条例の目的には、「・・・本市の保有する情報の一層の公開を図り、もって本市の有するその諸活動を市民に説明する責務が全うされるようにし、・・・」と有るように、市民には積極的に情報を公開する趣旨が述べられているので、市民が開示請求を行なった場合に「いつ見せて貰えるか」と知りたくなるが、「開示決定等の期限」として、「第12条 開示請求があった日の翌日から起算して14日以内にしなければならない。」旨の記述が有る。

 以上の条文から「請求日から2週間後には見せて貰える」と考えるのが市民感情であろうが、当局の考えは「見せるか見せないかを決定する期限が14日」と言うので「開示を実施する期限は?」と問うと「期限の定めは無い」とのことだ。
 即ち、「開示する事は決定しました。」と通知が来ても、いつ見せて貰えるかは100年後200年後でも「違法」とは言えないのである。
この様に、「条例とは市民の為に有るのではなく」役所の都合で作成され、運用されるのだ。

 ところで、「敵前逃亡は士道不覚悟」参照で述べた如く、安部市長が「11/6全員協議会」を欠席した理由を知るべく11/11に情報公開の手続きを取ったが、公開されたのは12/2で、21日間を要した。
 その後、「随意契約」に関する情報を12/3に求めると開示決定通知が12/4(金)に有り、「実施日は請求者の希望の日」と言うので土日を除いた12/7(月)を希望し、情報を入手出来たのである。

 安部市長の「敵前逃亡情報」と「随意契約情報」との開示実施期間の差は何処から生じたか?と思う時、その間に安部三十郎落選という事が影響したのではないかと考える。
 即ち、安部市長が述べた「全員協議会や記者会見に出席出来ない理由」はウソであったことが投票日前に公開されると、選挙に不利である事を思い庇ったポチ職員の安部候補への配慮が有ったのではないか?

 何れにしても、やれば出来る事をやらない市職員の多い中、民間ペースで業務を遂行してくれた担当職員に感謝するが、これが「安部三十郎の落選効果」として、他の業務にも「直ぐやる課」精神を発揮してくれる事を期待する。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック