2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

12月定例会

kage

2015/12/01 (Tue)

12月定例会

 12月市議会が2日より始まり、21日が最終日で、その日は安部市政12年の「終焉の日」となる訳だが、一般質問は4日に行なわれ、1山村明・2高橋壽・3堤郁雄・4髙橋英夫の4議員が質問に立ち、3堤郁雄市議は次の質問を行なう。

2 市長の退職手当を減額する考えはないか。
(1)現在の厳しい財政状況を招いた責任者としての認識はどうか。
(2)12年前より悪化した財政状況下、自主的に退職手当を減額する考えはないか。

 安部市政の12年を良く知る者であれば、堤議員と同じ思いを抱くであろうし、小生などは0円でも飽き足らず損害賠償を求めたい気持ちだ。

 ところで堤郁雄市議は、元々は安部シンパとして三十郎市長を擁護してきた経緯があるが、市議選改選後は反安部色を濃くする一新会に所属した事から「さては安部の回し者か」と勘ぐったが、今回の市長選では中川候補を支援し、「当初は安部施政に傾倒したが、安部の本質を知る事により、変えるべきとの判断に到った。」との応援演説を行なった。
 今更遅きに失した感も有るが、小生と同じ目線の議員が増えた事は喜ばしく、4日には議会傍聴を行なう予定である。

 今回の市長選で安部三十郎候補は「私の施政を良く理解して貰えなかった。」と敗戦の弁を述べたが、この辺が彼のズレている所である。
即ち、堤議員のように安部を良く理解したからこそ、変えるべきと思ったのであって、市民もそう思ったであろうから、「私の施政を良く理解する市民が増えたので・・・」と敗戦の弁を語るべきである。

 12年間トップを変えようと思い続けてきたが漸くその思いが叶い、ここのところホットしてはいるが、何せ今回市長選投票者の約47%が「安部を良く理解していない」という結果から、多額の退職金を手にした安部は、又々各戸を行脚して4年後に備えるのではとの心配も有り、中川新市長には格段の努力をもって実績を示し、安部の野望を断ち切って貰いたいものだ。

この記事へのコメント

kage

安部市長の退職金

市長  7854万円
副市長 1197万円 だってさ~。

市の退職金の規定を作ったヤツはあほだな。

Posted at 14:25:41 2015/12/03 by お口、あんぐり

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック