FC2ブログ
2020 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 02

中心市街地活性化を考える。【4】

kage

2012/12/31 (Mon)

◆議決事案を市民は法をもって阻止出来るのか?

 我が国が「議会制民主主義」の国家で有る事に異存は無い。したがって議会で図書館建設に反対意見を述べる議員に「民主主義のルールに従って決定された事なので現計画の図書館建設に問題は無い」旨の安部市長発言は一面正論ではある。
 しかしながらその「議会制民主主義」でも、議会で決定された事案に異議申し立てを行い市民の意を通す事が可能なのである。
その手段は、
1.リコール(有権者の1/3の署名)により市長・議員を解任、議会を解散し、再選後新しい顔
  ぶれで決を取る。
2.住民訴訟にて差し止めの司法判断を得る。
等が有る。

 歴史を紐解くまでも無く、長期に渡り「まつりごと」を執り行う間にはバカ殿の時期も有るが、それを補佐する人材の存在がその危機を回避し長期の安寧が維持出来た訳で、バカ殿にバカな補佐役しかいない団体の末路は容易に想像する事が出来よう。
 疲弊し衰退に向かう当市に存在する、選挙で当選してしまえばサラリーマンとして「遅れず・休まず・働かず」の公務員特権を駆使し、議会では質問のための質問でお茶を濁し、行政に迎合して安穏と四年間の議員生活を送る米沢市議会議員を名指しで失職に追い込む事が出来る「議員リコール」を是非やってみたいものだ。
もし「議員リコール」の前例が有るなら「高速道路が完成するから」(遠藤正人市議)「当市の資産価値が向上するから」(相田克平市議)「安上がりだから」(複数の市議)等の理由により「まちの広場を壊しての図書館建設」に軽々に賛成の態度を取る事が出来ないであろう。

 米沢市議会議員は中心市街地活性化基本計画に住民の意見を十分に調査したのであろうか。
過去に議員に支給された政務調査費が、女性と野球拳を興ずるために出費された事が判明し、大変な非難を受けた事件が有ったが、政務調査費を有効に活用し物言わぬ市民の声を聞く耳を持って採決の判断を行ってもらいたいものである。

 しかしながら有権者の1/3の署名を集める「議員リコール」は膨大なエネルギーを必要とし、仮に願いが叶ったとしても成果に対する運動員への見返りは一切期待できないことから、如何に平民が御上に物申す事が大変かを実感せざるをえない。

 よって老生は少人数で出来る2.住民訴訟により「現存するまちの広場を壊しての図書館建設」が不法で有るか否か、司法判断を仰ぐべく弁護士と相談を重ね、年明け早々にその手続きを取る所存で有る。

続く

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック