2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

疑惑の市議団

kage

2015/10/27 (Tue)

疑惑の市議団

 国より市が補助金の返還を求められている事件について、海老名悟議長宛てに要望書を提出し「補助金不正請求」の真相調査を求めたが、26日の総務文教常任委員会協議会では議題に取り上げなかったし、今後行なわれる委員会でもその予定は無いという。
海老名悟議長は安部三十郎市長に、どの様な毒饅頭を喰わされたものであろうか?

 今般の事件は、議会に於いて既に議員団が承認した決算書に、会計検査員から「不正」を指摘された訳であるから、議員の責任も重大で有り、まず為すべき事は「米沢市議会基本条例」第9条「決算を審査するに当り、審査のための分かりやすい説明資料を求めるものとする。」及び11条「市長等の事務の執行に付いて、監視する責務を有する。」との条文に則り、当局へ資料提示を求め、各委員会等にて速やかに実態究明を行なうべきであろう。
 しかし、海老名悟議長は「当局と会見したが、11月に会計検査員が再来するのでそれまで待つ。」と各議員に連絡し、議員も納得したのだという。

 事件に対する海老名悟議長の対応を、市井では「海老名市議は市長の座を狙っているが、中川勝候補が市長選に当選すれば、2期(8年)市長をやる可能性が高く、安部候補当選なら今回が最後であろうから、4年後にお鉢が回ってくる事を期待し、安部候補に不利になる言動を控えた。」や、『安部候補から、「今回の事件の実態究明は市長選投票後にして貰えないか、そうすれば4年後に海老名悟議長を後継者に指名して引退する。」と持ちかけられ、真相究明を投票後に延ばしたのではないか。」との噂話も飛び交っている。

 以上はあくまでも噂であるが、小生は不甲斐ない市議団に業を煮やして、本日情報公開条例に基づき、会計検査員(院)の「検査結果通達書」の提示を求めた。 これとて「市民は市役所職員と市会議員の奉仕者」と解釈している当局であるから「不開示」と公開を拒否する可能性が極めて高い。

 かように「補助金返還事件」は「隠蔽しなければならない事情とは?」との疑問がますます膨らみ、それに伴い「誰の為の市会議員か?」の疑問が増大する一件である。 

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 00:28:00 2015/10/28 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック