fc2ブログ
2021 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 11

鬼の会、再度「住民監査請求」

kage

2006/03/15 (Wed)

鬼の会、再度「住民監査請求


 住民監査請求の制度が出来ておよそ50年になる。半世紀もの間に米沢市で監査請求は3度しか出されていない。そのうち3度目の請求は本会が出したものである。
今回、米沢市では4番目の住民監査請求を、今月17日10時に監査委員会に出向いて請求書類を渡すことにする。

 監査請求制度とは、議会でも見落としている行政および職員の会計行為に疑義があり、市民として摘発し「摘発」の是非を監査願う制度なのである。

 市職員が米沢市の歳入可能物件を、ことさらに低く査定し、米沢市の歳入に約1300万円の損失を与えた行為を3年間にわたり精査し証拠書類を集めての監査請求である。
 前回の住民監査請求は「却下」とされたが、肝心の監査委員の結論ではなく「オレが裁判官だ!」と宣って恥じない金沢裕監査事務局長の作文がそう断じたものであった。

 今回は2度目の請求である。今度は新任の監査委員に期待し局長に舐められないように万全の態勢で書類を作成したものだ。すでに報道各社に連絡をとり記者会見も予定している。
 市職員は「米沢市の歳入となるべき金額を、市場価格を精査する努力を怠り、歳入となるべき額を削減し、米沢市に多大な損害を与えた」という趣旨である。

 前回は金沢裕事務局長が本会を甘く見たせいか、「却下」と断じながら添付してきた書類からいかにデタラメな監査であったことかが証明されている。
 本会は役人贔屓の監査に煮え湯を飲まされた事由があるために、今回の請求には魂をこめ精査に次ぐ精査をした結果として請求に及ぶものだ。

 市職員の杜撰な予算執行や、やりたい放題の行政に、米沢市民の確かな目を信じ、市民の権利として請求するものだ。
関心の目を注いでほしいものである

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック