FC2ブログ
2021 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 10

米沢市役所職員・刑事告発か!?

kage

2005/09/21 (Wed)

米沢市役所職員・刑事告発か!?

 4度開催された「議会倫理委員会」の結論は、議員の国保遅滞問は、本日開かれた議会代表者会議によって、議員の名前を公表せず、米沢市職員による「市民の個人情報漏洩問題」についても議会として刑事告発をしないことを確認したとの報告があった。
 本会に寄せられた投書はおびただしく、その多くは「遅滞議員名を公表すべし」というものであった。

 本会は滞納している議員の存在を調査した結果、4名の議員名が浮かびあがってきたものの、本会には捜査権もなく、あくまでも、議員名は噂の域を出るものではないとの結論から公表することは避けるべしとの判断から、避けることに結論するものです。
 それは、当該4議員は期日までに完納してこと。さらに市民税滞納?の噂については、いまさら職員が個人情報守秘義務の建前から洩らすこともあるまいから、本会は調査することは止めた次第。

 一連の騒動を精査してみると、発端は本年4月議会における議長、副議長、監査委員の振り分け方について、議員会派同士の怨念が市職員を使って「個人情報」を漏洩させたもので、市職員の氏名も特定されている以上、市民はむしろ「個人情報を報道機関に洩らした職員の行為」にこそ怒りを爆発させるべきであろう。
 議会側がその職員を告発しないとする裏側には、議会側の思惑があり、議会は必ずしも市民の負託に立って解決するという姿勢に欠けていたものと推察されるものだ。

 勇気ある市民は「私が市職員を刑事告発すッ!」と断言しているのは、議会での玉虫色的な解決法を良しとせず、市民として議会の結論に疑義をもったが所以であろう。
 いずれにしても、市職員によって個人情報がマスコミに漏洩した事実は重大極まる許しがたい行為に違いない。このあるまじき行為を犯した市職員の処分は行政の責任だが、いまだに行政もふくめて議会すら「さわらぬ神にたたりなし」として「膿を出す」ことの重さを持ち合わせていないところに市民の信頼復活は望めまい。
 米沢市のみならず置賜全域に米沢市議会の恥部を曝したのである。この責任をとる者はだれもいないという腑抜けな行政と議会である。
 ともに、一服の飲み薬で噂の消える時を侍っているのであろうが米沢市は「外科的な大手術」が必要な時期にさしかかっているのが現今の乱れである。

 中には態度のドでかい遅滞議員もいて、市職員を悩ませていたようにも聞く。
噂の4議員に申しあげる。
選挙時に傷がつくのを恐れての沈黙であろうが「金銭にまつわる諸事情」は、議員に限らず不況の最中、市民の理解も得られるというものだろうから、キチンと遅滞の事実を認めて市民に謝罪すべきが筋というものであろう。

 報道によって遅滞議員の存在が明からにされたが、市民の負託を受けた議員として、今度の不祥事を肝に命じて市民の信頼を得るような議員活動に精進すべきであろう。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック