fc2ブログ
2022 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2022 10

「カシャババア」の自動車運転に一言

kage

2005/03/15 (Tue)

「カシャババア」の自動車運転に一言

 知人の話「雪道を走っていくと、一台の自動車が止まっている。反対側に鉄製の集積所があって通れないような道幅であった。クラクションを軽く鳴らし道幅の広い場所に移動するよう働きかけた。ところが、窓から顔を出したご婦人は知らぬ顔で移動する気配がない。運転席に幼児を抱いて遊ばせている。
 急いでいたので仕方なく車と集積所の間を恐る恐るとおり抜けようとしたが、車体からはみ出しているサイドミラーが接触した。カシャバアの怒ること怒ること「通れないことがわかって通ったんだベッ!オレは人を待っていたんで駐車禁止ではないッ!」
 シャクに触った知人は「人を待っているなら、何で道幅の広いところで待っていないんだ。第一、こどもを運転席で遊ばせておいてチャイルドシートはどうしたんだ?」
 返事につまったカシャバア運転手いうことが奮っていた「これからチャイルドシート買いにゆくところなんだズ」

 小生宅は八幡原工業団地に行く旧13号線側にある。朝のラッシュ時の女性ドライバーの運転態度がひんしゅくものだ。ガキねえちゃんは例外なく銜えタバコで片手運転。今は少なくなったが携帯電話を片手に談笑しながら会社に急ぐ。大抵の女性ドライバーにいえることは、スピードを緩めず直進してくることだ。狭い道では対抗車があわてて車線を確保するありさまだ。車線をゆずってもあいさつもできない女性ドライバーは数かぎりなく、交差点などでは決して他車に車線を譲ることはしない。わが道を行くだけで誠に社会性に欠けた女性運転者の多いのにはヘキエキする日々だ。女性のゆかしさなどはことドライバーに限ってみうけられないご時世になった。そんなドライバーに美人がいないのがせめての救いだ。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック