FC2ブログ
2020 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 02

だれが言ったか忘れたが!?

kage

2005/03/12 (Sat)

だれが言ったか忘れたが!?

 久しぶりで自宅でテレビを見る時間があった。
JA提供の「ご飯の効用」について学者・栄養士らの米食をすすめる番組だった。「日本人は歴史的に米食を基本とした体づくりになっているから、日本人は米食を真剣に考える時期にきている」
 さらに「こどもたちは欧米食にならって、魚より肉食傾向にある。これは日本人の体にはなじみにくい食生活である。だから、健康を維持するには魚・野菜・米食が望ましい」のだと熱く語った。
 昭和20年が敗戦の年だ。その頃、日本人の食生活に活をいれた学者がいた。今になってその学者はだれだかわからない。
 学者いわく「日本が負けた最大の原因は日本人の食生活にある。米食を止めて欧米のようなパン食に早急に切り替える必要がある。米食をつづけていれば頭脳の働きが鈍くなり、結果、パン食の欧米に負けてしまったのだ。これからの児童のためには学校給食制度が復活するだろうが、是非ともパン食を実行して頭脳指数の高い国民にしなければならない」

 国民も馬鹿な論理を真に受けたものだ。戦争に負けたのは米食が原因ではなく物量の差で日本がまいったものだ。
 以来、連綿と学校給食はパンが主体になっている。あのオリンピック選手がパンでは力が出せないから、日本から米を持ち出しオニギリを食べて試合に望むのだという話をよく耳にする。
 マスコミは時として危険極まりない悪例を撒き散らすことがある。はたして日本人には米食がいいのかパン食が似合っているのか。単に好きずきだけで片付けられない問題があるようだ。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック