FC2ブログ
2021 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 08

久しぶりに蘇った「ど」「久」殿のお説に反論

kage

2005/03/08 (Tue)

久しぶりに蘇った「ど」「久」殿のお説に反論

 反論するのも大人気ないが、まずは小生の入力ミスの指摘に感謝。
 さて、ゴミネタだが、小生らは「再生古紙」を問題に行政と戦ってきたものだ。簡単な問題だが、もし、あなたが古紙や雑誌類を売却する場合、Aという業者は100円で買取り、Bという業者が46円でしか買い取らないとしたら、あなたはどちらの業者に買い取らせるか?という問題だ。

 あなたならどうするか? 多くの市民は買取り価格の高いAという業者を選ぶと答える。
ところが、行政は「安い方に売るのが良い」と言う考えである。
 市は古紙収集運搬費を5千万円強支出し、回収した「市の財産」である再生資源物の売却を協同組合に任せているのだ。
 当該協同組合の理事長が経営する「山形古紙回収」に運ばせて売却してきたが双方の責任者が同一人物であることから勝手気ままに再生資源古紙の価格を操ってきたものだ。
 売値が市況の半値以下だった。これをなぜ行政が是正しようとしなかったのだ。指摘された現在も是正する気はサラサラないのだ。

 米沢市のごみ処理を、長井市方式(入札方式)にするなら毎年「約1億円」の経費節約になる。
 ただでさえ米沢市の財政事情が困難な折り、再生資源物の売却を他市に習って市況を注視した方式に出来ないのであるか、なぜに特定業者に利益と便宜を供与しなければならないのか?
 これほど市民を愚弄した政策はないではないか。決してこの問題を風化させてはならない。
本会の戦いはその一点にあるのだ。

 「久」殿もっと平均的大人として本会の主張や戦いを「ゴミネタ」だけの扱いを止めて、以上の問に貴殿の考えを寄せてみてはどうでしょうか。
 「ど」殿のいうように小生が市長に立候補するだけの気概はありませんが、米沢市民として現在の市長は早晩代える必要があると思っております。なぜならば、第一に行政能力の欠如。
そして、人の意見に耳を傾けようとしない若き独裁者。中央商店街の再生策として図書館を創るなどの非常識案。
 図書離れの激しい時代に、まして駐車料金を払ってまで図書館に急ぐ市民がいるとは思えない。上杉からの古文書など文化価値の高いものを保存する収納庫などを考えた時に、図書館という本来の姿から建設する場所を考えるべきものであろう。
 市長に就任してから1年余、前市長専用車を売却し新車を購入、市長報酬を減額し学者を参与に採用して支出を増やしただけが、良くも悪くも市長がなした業績だ。
まことに淋しいかぎりである。

 3月議会で市長の能力についていかがなものかと発言した議員が2名いたが肝心の市長は「カエルのツラにションベン」で怒る風情もなかったという。
 彼いわく「あんな能なしを米沢市民がよくぞ選んだものだなッ!」彼とは在京の元記者で辛口のジャーナリストの言葉だ。
彼は吐き出すように「米沢の人間も少しは真面目に物事を考えてみることだな。このままでは財政の破綻が見え見えでないか。今のうちにまともな市長を作らないと取り返しのつかない米沢市になってしまうよ」

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック