FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

疑惑がつづく入札書確認

kage

2003/09/05 (Fri)

過去に、一度発表した落札社が変更になった事例は一件もなかっただけに怪奇な疑惑が飛び交っている。うがった見方をすれば、落札社となった後藤・金子JVの入札価格は正当なものであったのがどうかだ。執行人だけの確認であり 、当初発表落札社置賜・黒金JV側の入札者に見せて確認をとるべきだった。

肝心のJV側の確認があれば疑惑は起きず禍根を残すことはなかったはずだ。 入札書は開封後は、入札価格の高い順を下にして順次重ねて、一番上が落札社として発表される。確認を要求された事例もなく、執行人の信頼性にゆだねて問題はなかった。

したがって、落札社変更などの珍事を経験したことがない業 界だけに執行人の手違いによる珍事だと笑ってすまされる問題ではなくなってきた。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック