FC2ブログ
2021 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 09

「住民監査請求」結果の通知(№7)

kage

2004/11/06 (Sat)

住民監査請求」結果の通知(№7)  驚くべき実態!!

米沢市と米沢再生資源協同組合は「分別資源物譲渡契約書」なるものを取り交わしているが、譲渡物の取扱については次のように定めている。

第5条 乙は、甲が譲渡する分別資源物を資源化センターにおいて、それぞれの再生種別品目ごとに選別、加工し再生原料としての再商品化を図るものとする。
 2 乙は、再生原料の売買を市場原理に基づいて行うものとし、常に市況相場を注視し、より効果的な再生利用の拡大に努めるものとする。

このように、再生原料の売買は、常に市況相場を注視し、市場原理に基づいて行うものとする旨の内容が明記されている。
しかしその実態は下記のごとく契約違反である事が、監査委員の添付した資料により判明した。

ごみ問題

■「分別資源物譲渡契約書」第5条に違反する。
市が譲渡する分別資源物(ガラスびんを除く)を資源化センターにおいて、それぞれの再生種別品目ごとに選別、加工し再生原料としての再商品化を図ったのは、「缶のみ」であり、他は地元業者に直接搬入されている。
その上に、古紙は売却先の業者から市況相場の46%の代金しか入金されていない事は、市場原理に基づかない市況相場を無視した行為であり、明らかに第5条に違反する。

■財産譲与等条例第6条に違反する。
財産譲与等条例第6条では、公益上の必要がある場合には、「物品」の譲与又は減額譲渡を行うことができると規定している。
市所有の「物品」である古紙が、特定業者に直接搬入され、市況相場の46%で売却する行為のどこに「公益上の必要」があるのか、存在するのは私益のみである。
よって、第6条に違反するものであり、市が損害を被ったのは明らかである。

続く

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック