FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

吉田茂と徳田球一との関係

kage

2004/06/26 (Sat)

 共産党議員の高橋ひさし氏なら知っていることだろうが、「共産党の活動資金はどこから出ているのか?」という素朴な疑問が国民の中にあったはずだ。

 古田茂は徳田球一を大変かわいがったことで知られている。ところで共産党の活動資金の出場所はというと意外にも株価操作によるものだった。労働組合最盛の頃、某会社の直系労働組合にストライキを命じる。ストライキに入れば、会社の株価は必然と下落する。下落したところで株を購入し、予定通りの購入をおわったところで、ストライキの中止命令を出す。ストライキがおわれば確実に株価は上がる。頂点に達したところで全株を放出する。そのカラクリで資金を作っているのだと聞いた。しかもその指南番が吉田茂だったという逸話を知っている。共産党といえども、実際には資本主義経済を巧みに操作して実益を得ていたということだ。また、「日曜版赤旗」の講読については故桐生元市議の豊かな人格が講読者を増やしたものだ。

 高橋ひさし議員に一言。

 貴殿は「議事録を読め」とさかんに言うが、議事録はどうして出来上がるものか、そしてその時期とは何時か?貴殿の意見は希薄すぎる。

 6月議会の議事録が出来上がるのは9月頃であること、その作成は議会事務局職員の手になるものでなく、なぜか外部への業者委託だということ、を熟知しておくことが大事である。

 共産党の元県会議員、鶴岡の小竹氏・山形市の元県会議員松浦氏とは親交があり、奨められて「文化評論」誌を廃刊まで読み続けた実績が小生にはあるのです。したがって、共産党とはなにか?ぐらいは教養の域を出ないまでも存じあげての批判であることをご承知おきくださるよう。

 政治の矛盾や汚濁などに対して純粋に闘う党であるべきです。その点で国民の支持があるのであって、貴殿のように与党側にスタンスをとるようでは魅力半減するものだということを肝に命じて行動されんことを、党の理念を尊重して日々活動に邁進していただくことを願うものです。

 そんな折り、鬼の会が提唱する行政側の古紙問題に矛盾に力を貸していただきたいと思うものです。全国の市町村がこぞって、古紙で歳入を計ろうと知恵を絞っている現在、なぜ行政は頑なに、一社との随意契約を継続し、米沢市に入るべき年間5~6千万円にものぼる収入の道を閉ざそうとしているのか。

 当会が住民監査請求をする前に、議員たちなかんずく共産党議員団が取り上られないのか不思議でならないのです。当該問題の裏側に何が、誰が、策動しているのか、それを暴くためにも我々は努力しているわけで、議員報酬を得ながらノホホンとしている人達とは一体何だろうかと疑心暗鬼が実情です。

 左翼思想も右翼思想も本来は人間がもつ自由な思想信条であるわけで、一般大衆が共産思想を嫌うにはそれだけの理由があるからです。それは党みずからの体質にゆらいするものだと考えるものです。公明党の思想も然りで、号令一発で右向く不思議を考えて見たことがあるでしょうか。それは統制主義ともいえる党理論であるに過ぎないものです。

 統制主義はひいては独裁主義に繋がっていく危険な思想だと考えるものであります。人類の本質は本来自由勝手主義であり、その証拠には確たる教育を受けていない小中学たちの行動からも伺えるものではありませんか。これでは困るので学校教育の実情を察知し、家庭教育いわゆるシツケなるものが第一義として認識しなければならないものと小生は実施しているつもりであります。

 人間の基本を疎かにして、その他に何を学ばせようとしているのか。教育長の思想信条がわからないまま議会は人事を承認した議員の無責任さに怒りを感じているのは小生だけであろうか。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック