FC2ブログ
2020 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 02

公僕とは?奉仕するとは?

kage

2004/02/20 (Fri)

岩波書店刊広辞苑によると「公僕とは?」公衆に奉仕するの意。公務員などの称とある。それでは「奉仕とは?」つつしんでつかえること。献身的に国家・社会のためにつくすこと。商人が客のために特に安価に売ること。と記載している。
この言からすると市の職員ははたして市民につつしんでつかえているであろうか。市民サービスを第一義として活動しているであろうか。しかも、奉仕の精神をもって機能的な活動をし、かつまた総務費用を安価に押さえた上で活動しているであろうか。
税金の大半を総務費用として使い、わずかに残った予算をもって市民サービスにあてるとは言語道断。たしかに民間企業の年収が高い時期がつづいた。しかし、時世とともに給料が半分に減額された銀行員も現実にはいる。
米沢市は経済的にはもはや死に体の市だ。一般企業なら倒産していてもおかしくはない情況にあるではないか。助役が止め、市長が退職し収入役・教育長まで退職するという夜遂げ同然の逃避行きはあまりにもみっともない責任逃れとしか思えない。
公僕の項には責任の追求・逃避行禁止の縛りは記載されていない。が、戦時中は戦前離脱は極刑であった。
第一中学校には「自由の快翼を張り、責任の重荷を負う」と時の天野文部大臣の書がある。当時、三年生であった小生も在学中に天野文部大臣の講演を木造体育館で受けたものである。「自由に予算を使いきり、責任の重荷をさけて逃避する」これが米沢市の痴態だといわずして何んという。

この記事へのコメント

kage

公僕について

公務は公僕、自分は悠々自適な暮らし
他人は関係なし、死のうが生きろうが
我に危害が来ない限り関係なし
極端に言わさせて頂ければ存在価値なし

Posted at 09:07:51 2015/12/02 by 豊永和也

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック