FC2ブログ
2020 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 02

死にたいと云いつつ今日も薬飲む

kage

2004/02/15 (Sun)

お互いに どちらが先かと 思う老
戦友の 賀状今年は 五枚減り
風邪ひけば もうあの世かと 先走る
とり換えの 部品が欲しい 老いの坂

肘折温泉の湯治宿でみつけたものだ。「老人選句」とあり、老いの客が投稿したものだ。「下を見て暮らせと上にいるつもり」これは全国民が中流意識を自覚した頃の句か。「老いらくの恋は呆けない良い薬」と意気盛んな句もあれば、「咳ひとつするにも嫁はうるさがり」とすき間に生きる老いもいれば「残り火を燃やして見たい人に逢い」となかなかの強者もいる。「湯の煙 老妻の背も色香あり」「いると邪魔いないと淋しい老いの中」「二人して並びたかった金婚式」「老いて知る夫婦の絆その深さ」「離婚まで考えた城まだ守り」「見るだけの妻となりたる五月かな」と老いて知る夫婦の情感がたまらない句だ。「やれやれと思う時には邪魔にされ」「農はいや土地は欲しいとよくぞ言う」家族の中身がわかるような句もあるが「ケチケチと貯めて六文銭持たせられ」老いは淋しいものだが、妻にたいする愛情は深まるものらしい。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック