fc2ブログ
2021 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 02

何様のつもりだ!!

kage

2014/01/31 (Fri)

何様のつもりだ!!

 1/28新文化複合施設建設で紛糾する市政協議会を傍聴した。
この日は「まちの広場を愛する市民の会」のメンバーが多数傍聴し、当局の杜撰な計画が曝かれたり、市長の稚拙な返答に呆れかえってザワついていた。
そして質疑応答の最中、当局を追求する議員の的を射た発言に、傍聴メンバーから拍手が起こった。
すると進行役(議長とは言わないらしい)の堤郁雄市議は、拍手した傍聴者の退場を命じた。
一見して当然と思える進行役の行為だが、小生は「何様のつもりだ!!」と声を荒げたい。

 荒げる理由は次の如くである。
「まちの広場を愛する市民の会」は、議会基本条例に、
・市民との活発な意見交換を図り、市民に議会の合意形成に参加していただく
・市民の意思を反映して最良の意思決定を行う
・市民の意見、要望を的確に把握する
・市民に対し積極的に情報を発信し、情報の共有を図る
と定めている事から、議会開催前に「議員全員参加の市民との意見交換の場を設ける事」を求め要望書を提出した。
しかし要望書に対して「意見交換の場を設けない」という回答であった。

 議会基本条例の発効は平成25年4月1日であるが、これまで行なったのは「議会報告会」のみで有り、3月末迄に上記を履行しなければ条例違反である。

 「議会報告会」の各会場では『事後報告は「議会だより」で結構、それより議会開催前に市民との意見交換会を開くべし』との意見が圧倒的ではなかったか。
よって、この様に条例を遵守しない議員が、市民に対して「傍聴規則を守れ、退場を命ず」とは、余りにも「上から目線」ではないか。 人に遵法を求めるのであれば、先ず自らが法を守る事が肝要であろう。

 この様に法を軽んずる傾向は、市長選で安部三十郎候補が使用した「自由の風」なる幟を市庁舎に掲示し、議会で「私物の掲示は市庁舎使用規定に抵触する行為である」と指摘されても「市長は良いのだ」とうそぶき、10年もの間掲示している事が原因と思っている。

小生は、為政者とそれに準ずる者は、一般市民に先んじて法を守れと主張する。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック