FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

チグハグな安部市政(2)

kage

2013/10/25 (Fri)

チグハグな安部市政(2)

 今年2月、現在機能している「まちの広場」を取り壊し、新文化複合施設を造る計画の説明会が市内17カ所で行われた。
当局説明によると「広くなりすぎた町の機能を中心市街地に集約し、コンパクトシティ化を計る」「まちなかの住居人口を増やす」「その第一歩が公共施設である新文化複合施設をこの場所に造る」「その結果商店街が活性化する」との事であった。

 この計画には以下の如く余りにも疑問が多い。
① 第2歩は公共物の何を何処に造るのだ。場所は何処にするのだ。
② 新文化複合施設を造ると郊外の市民が周辺に転居するというのか。それとも新たに県外からの入居者が増えるというのか。
③ 新文化複合施設建設で増える市営駐車場の数は僅か4台分であり、車社会を否定するのか。
④ 商店とは具体的に何処を指すのか。

 西條天満公園と武者道への投資は、費用対効果に於いて「失政」で有った事は否めない。その延長線で進められる新文化複合施設の建設も「コンパクトシティ化」を謳う計画としては余りにもチグハグな安部市政である。
次の写真を覧てほしい。(ダブルクリックで拡大)
塩井2  塩井1
 塩井に建替えられる市営住宅(PFI方式)であるがここは中心市街地では無い。
コンパクトシティ化を目指すとしながら、市による塩井地区への住宅建設は、弓道場西側の民間宅地造成後、瞬く間の完売現象に見られるように、住居を求める人は新文化複合施設界隈では無い。
この矛盾を市長は何と説明するのだ。
造成
 おりしも市会議員団は「議会基本条例」を制定し、17会場で「議会報告会」なる説明会を行っている最中であるが、条例には費用対効果の検証が定められている。
議会報告より検証結果を公表すべきであろう。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック