fc2ブログ
2024 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2024 04

観光業者と名乗る御仁へ④ (県外来人氏へ)

kage

2024/01/09 (Tue)

観光業者と名乗る御仁へ④ (県外来人氏へ)

 県外来人氏より「松川は、最上川の一つの流れであり、栗子方面の水源が松川に注ぐのでは?」との投稿があったが、松川の上流部は火焔の滝(吾妻山)が源流として定められているのは確かだが、栗子方面の水源が最上川に注ぐかは分からない。
 但し、万世大路が観光に寄与するところ大であり、旧栗子隧道内の冬期景観は興味を持っている。おりしも、米沢~福島間の万世大路を開いた、初代山形県令・三島通庸(みちつね)の土木課長だった高木秀明の玄孫(やしゃご)である「高木かおる氏」の講演会が2月12日-14~16時・伝国の杜で開かれるので、聴講されたら如何と思うが、万世大路が講演内容に含まれるのかは不明。

 又、栗子山は米沢藩時代の栗子街道も観光のポテンシャルが高い。50数年も前だが、仲間と「鷹山公が入部する際に通った栗子街道の石畳を訪れた際に、いにしえを偲ぶに良い景観の印象があったので、数年してもう一度訪れたが、入り口が洪水で流されて辿り着けなかった。
 そこで梅津観光課長に「市を挙げて、鷹山公をNHK大河ドラマに」との運動もあることなので、「入部の際に、鷹山公の通った栗子街道の整備」を提言したが「観光課の予算は全て宮嶌浩聡氏に渡すので、それはできない」とのことであった。

 又々、栗子街道の魅力に「五色温泉」がある。かつては「宗川旅館」が営業し、その前にはスキー場があることから、皇族の別荘「六華倶楽部」があり、皇族も訪れてそれなりの繁栄が見られたが「宗川旅館」が廃業して「五色温泉」の歴史は途切れた。が、先頃、高畠の企業がオートキャンプ場としてオープンしたので、かつての賑わいを取り戻してほしいと願っている。
 小生が魅力を感じるのは、「六華倶楽部」の前の道を通り、滑川温泉に抜ける山道はり、紅葉の季節には絶景のトラッキングコースだし、足を伸ばせば「姥湯」へと通じ、秘湯ファンに訴える恰好の観光資源と思っている。

 風力発電の件は勉強不足で意見を述べるに至っていないので悪しからず。

 栗子山界隈には、この他にも魅力豊富な箇所がたくさんあるので、米沢市観光課は真摯に「観光でのまちおこし」に尽力して、特定人物への不当利益供与を止めるべし。

【続く】

この記事へのコメント

kage

ニュース見ました!

鬼の会様の言うとおりでした!
とりあえず今年度分は返還みたいですね
昨年度分は返還ならないみたいですね

新しい記事期待してます!

Posted at 16:20:33 2024/01/13 by 市民

この記事へのコメント

kage

万世大路は大事にしましょう

丁寧なご回答ありがとうございます。
歴史ある土地や自然を風車建設で壊してはいけないと思いますし、住民の健康にも影響がでるかも?とも言われています。
どうぞ、おにの会様も調べてみて、考えてみて下さい。

Posted at 19:01:19 2024/01/09 by 県外来人

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック