fc2ブログ
2024 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2024 05

投稿の「米沢市内の観光事業者」氏へ [その4]

kage

2023/12/27 (Wed)

投稿の「米沢市内の観光事業者」氏へ [その4]

 米沢市の人口は11月に76,000人を切り、歯止めの利かない人口減少は地方自治体の衰退を促進し、やがて消滅すると言った増田寛也氏(政治家)著書「地方消滅」の内容が、年々現実味を帯びてきた。我が米沢市がそうならないためにも近藤洋介新市長に期待したい。

 ストップ人口減少は、総じて為政者が口にする言葉であるが実現は甚だ難しく、小生は近藤市政に「過疎化の賑わい策」を進言したい。
 人口減少が進んでも流動人口が増えれば本市経済は潤い、やがて居住人口も増えるという考えだが、その為の策は、プラットヨネザワ㈱に不当利得を供与するだけの「米沢観光推進機構」を廃し、現在進行している「第4期米沢市観光振興計画」を練り直すことにある。

 小生は10数年前、観光課が募集する「観光振興委員」に応募したことがあったが、採用審査の論文に「誤字脱字が多い」との理由で不採用となった。
 そこで『私の論文のどの部分に「誤字脱字」があるか』と質すと「誤字脱字はないが、総合的に判断した」と宣(のたま)うので「採用されたのは私の論文より優れているからだろう。後学のために拝見したい」と要望すると「応募論文は特許や実用新案みたいな物で、他人に見せることはできない」とのこと。

 そのころ小生は、観光課職員と城史苑の黒い噂を追っていたので敬遠されたのだと思っている。
 そして20年近く経った現在、小生が様々な観光振興策を提言しても「予算は全額プラットヨネザワ㈱に払うのでない」とにべもなく断り、契約不履行や納品成果物のごまかしを指摘しても「それで良い」とする観光課職員に、当時と同じ匂いを感じる。

 小生の観光振興策は様々あるが、その一つに「最上川大作戦」が有る。投稿の「米沢市内の観光事業者」氏が本当に観光事業者なら、実名で投稿してほしい。共に観光振興策を近藤市政に進言しようではないか。

【完】 

この記事へのコメント

kage

きたわね

宮嶋ダウン!!

Posted at 23:54:05 2024/01/12 by ついに

この記事へのコメント

kage

かの芸能人ではないが。

「とうとう出たね。。」とだけ。

Posted at 17:50:38 2024/01/12 by 両サイドのお話が聞きたい者

この記事へのコメント

kage

「米沢市内の観光事業者」様へのお願い

①信認を集めてきている現実と事実
②活動の実態と価値

の具体的な内容を是非ともお聞きかせください。(参考となる資料やURIの列挙でもかまいません。)

内外に広く知らしめることが,観光(さらには米沢全体)の発展に大きく寄与すると思いますので。

(新市長はふるさと納税額を50億円程度(これまでの3倍以上)に引き上げると語っています。プラットヨネザワにはこの過酷なミッションを必ず達成していただけると強く信じています。)

Posted at 15:48:54 2024/01/12 by たびのひと

この記事へのコメント

kage

 長い長い書き込みの中において「観光の世界の中では、プラットヨネザワは信認を集めてきていますよ。それが現実であり、事実なんです。彼らの活動には間違いなく実態と価値があるんです。」このご意見から

①信頼を集めてきている現実と事実

②活動の事態と価値

について具体的な説明をしていただきたく書き込ませていただきます。
観光の世界の中の人以外にもわかるようにご説明をお願いいたします。

Posted at 17:10:10 2024/01/10 by 両サイドのお話が聞きたい者

この記事へのコメント

kage

最上川大作戦について

今の米沢の人口減少、衰退について本当に危惧しています。
3月になればまた多くの人が市外、県外へ出ていき戻ってくることはないでしょう。
そして、米沢に残った人たちだけが馬鹿を見る。こんな生活はうんざりです。

最上川大作戦気になります。
ぜひ詳細教えてください。

Posted at 07:15:34 2024/01/02 by 服部善郎

この記事へのコメント

kage

ずれているのはどっちか

御会のブログを読み、鬼の会主催殿の行動や推測から、この数年の米沢市当局や経済界の一部の妙な動きに合点がいった者です。当たらずとも遠からずではないかと。
当方も観光事業者ではないが実業界に身を置く。経済や営業活動もまた法や良識に則り行われるべきものである、というのが人の世の常、社会全般の底辺にある共通認識、そうでなければ不法行為に当たり、お縄になったり人のそしりを受け、営業を続けることは難しいと理解してきた。が、米沢市やそれを取り巻く議員や経済人の一部はそうではなかったのか。
コンメントした観光事業者氏も事業者であれば、鬼の会主催殿を茶化さず、米沢や観光産業の振興を願って真摯に意見交換したり、説明責任を果たされてはどうか。それが民主主義であり、マーケティングはないか。当方であれば当業界に興味を持っていただいた方のご意見は、ありがたく拝聴し、説明すべきことは説明を尽くすように努める。
それとも金がチラつかない話には興味がないタチか。

Posted at 00:09:15 2024/01/02 by 米沢市の観光事業者でない者

この記事へのコメント

kage

具体性の伴わない話を簡単に信じる程今時の若者は馬鹿じゃないよ

米沢市内の観光事業者さんのコメントで、どうしても引っかかるのが以下のところ。

「観光の世界の中では、プラットヨネザワは信認を集めてきています」
「彼らの活動には間違いなく実態と価値があるんです」

具体的にどんな活動の実態があるのか?これがさっぱり見えてこない。率直に言って「あるある詐欺」に見えてしまうのだが、その理由は、単純にそれ(活動の実態)を説明してくれれば良い筈なのに、「ある」という言葉だけで(常に)具体的な説明が伴わないからだろう。

更に「価値がある」まで言っているが、どんな価値があるというのか?これも、例えば数字に出せるような実績が既にあるのか?あるならばこれも出せばよいだけの話なのに、それをしない。口だけ達者で実態の伴わない詐欺のようなものに見えてしまうのも致し方ないところだ。

正直なところ、今時こんな古臭いやり方に騙されるのはもうよっぽど田舎の爺さん婆さんだけだ(願わくは米沢の爺さん婆さんが引っかからないと良いのだが)。今時の若いのは「具体例や数字を伴わない耳障りの良い話には乗ってこないという事実」をしっかりと直視して欲しいものだ。

Posted at 06:33:45 2023/12/30 by 元米沢人

この記事へのコメント

kage

しばらく訪問しない間に「その4」までご返答いただいていたのですね...苦笑。長くなりますがまとめて回答します。

ちなみに「その1」にあった「前回ピントのずれた投稿をされた方と思うが」というくだり、どの投稿のことかわかりませんが、私は数年ぶりにこちらのサイトを拝見したので果たしてそれは私なのかどうなのか…。まぁ、どちらでもいいです。

さて、植木さん、あなたが何を批判されているか、全く理解していないわけではありませんよ。下記の住民監査請求の令和5年度のものですよね。内容はともかく、「中川勝市長と関係職員に対し損害を補填させ」とは、随分と苛烈な言葉で怒りを表現されていますね。

https://www.city.yonezawa.yamagata.jp/3105.html

私どものように観光産業の実業に関わっている人間は、植木さんの視点からすると「ピントのズレた」ように見えるのかもしれませんが、私達からすると「その言葉、そっくりそのままお返しします」ということなんですよね。

DMO/DMCの建て付けに関して、形式論で重箱の隅をつつくのは自由です。いくらでも公的機関に訴え出て、判断を仰がれたらいいと思います。もしかするとそこに形式的な落ち度が認められることはあるかもしれませんが、それは裁判所も含む公的機関が判断し、必要な対応を関係者が取ればいい程度のことです。正直、実業をやっている人間からすると、その程度のことなんですよね。優先順位が低いんです。だから別に、粛々となさればいいのでは…くらいなんですよ。

ちなみに植木さんが指摘されているポイントは他の地域のDMO/DMCでもいくらでも確認できる程度のものですので、いくつかの自治体の事例を並行してご覧になってみるといいかと思います。全国のDMO/DMCを芋づる式に全滅させるチャンスかもしれません。

結局のところ、私が植木さんの考えと全く異なるのは「プラットヨネザワが意義のある活動をしている」という点です。植木さんは、形式論を針小棒大に拡大解釈して、プラットヨネザワを「強盗団」とまで罵っています。こんなにも激烈な言葉を使って、存在そのものを「悪」だと断定している。さらには裏金の臭いがするとまで。本当に想像力豊かなことです。

でもね、畑違いの植木さんはご存知ないのかもしれませんが、観光の世界の中では、プラットヨネザワは信認を集めてきていますよ。それが現実であり、事実なんです。彼らの活動には間違いなく実態と価値があるんです。実際のところ、私が言いたいことはそれだけなんですよ。結果としての活動にしっかりとした実態と価値があるから、植木理論で米沢の観光の邪魔をしないでね、というだけなんです。植木さんと法律論・形式論を語ることには、興味ゼロなんです。

最上川大作戦というプランをお持ちなんですね。結構なことです。でも、誰の金でやるんですか?誰が汗かいて実行するんですか?もしかして、行政の金を使って観光事業者を動かして実現しようなんて思ってます?冗談はやめてください。宮嶌氏は、まるで小さな石をひたすら積み上げるようにして地道に地域の信認を得てきたんですよ。だから彼はリーダーシップが振るえるんです。あなたは、まだゼロです。観光振興委員に立候補しても選ばれない程度には、信頼がない状態です。まずはそれを知りましょう。宮嶌氏を見習って、ゼロから積み上げる努力をしてみてください。少しは彼を見直すことになるでしょう。


長くなりました。植木さん、形式論を語り、公的機関に訴え出るのは自由です。でも、それを拡大解釈して活動内容まで罵っている記事を見て、私は恥ずかしながら、我慢できずにここに出てきてしまいました。鬼の会なんて相手にするだけ時間の無駄、というのが米沢で事業をやっている人間の共通見解です。私もそう思っているから、何年も見てもいませんでした。でもね植木さん、あんまりにも酷いので、とうとう釣られて出てきてしまいましたよ。

「鬼の会に釣られた馬鹿」として名を売るのは恥ずかしいので、実名は控えさせてください。コメントもこれで最後にします。植木さんが観光に関して提言なさりたいのだとすれば、私から言えることはただ1つ。「まずは、頑張っている人の邪魔をしないこと」です。そこがスタートですよ、植木さん。

長々と失礼いたしました。良いお年をお迎えください。

Posted at 14:35:51 2023/12/29 by 米沢市内の観光事業者

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 08:55:15 2023/12/28 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック