FC2ブログ
2020 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 01

史蹟の捏造②

kage

2020/09/29 (Tue)

史蹟の捏造②
図1
調査地  国指定の舘山城と言えば、米沢市民の殆どが舘山発電所のある場所と理解しているようだが、指定されたのは矢来の一ノ坂から西方である。(図1)しかし市関係者はそのことを発信しないで、あたかも舘山発電所の在る場所のみが指定された史跡の如き宣伝を行っている。何故だろうか?
 これには訳がある。


看板隠し 
 当初、市は舘山発電所のある場所のみ(赤線区域)を国史蹟指定に目論んでいたが、小生は国道121号線一ノ坂坂に図2の看板があることを指摘し、『これは50数年前、市・観光協会・郷土歴史家が、「伊達政宗は一の坂より巨大な城を築こうとした」と結論付けたものだ。赤線区域のみが舘山城である根拠を示せ』と抗議を行った結果、市は困って一の坂からを国の史蹟に申請し、指定された経過がある。しかし、公務員の性(さが)は、住民の指摘により改めることを殊の外嫌がるものだ。
 よって、現在の市担当者は、あたかも舘山発電所のある場所のみを舘山城であるかの対応で、この度は5年ぶりに「舘山城と北館と結ぶ通路確認を目指す」として調査に無駄金を投入している。
 市担当者は「北館に武士団が駐屯した」とアナウンスしているが、どこにもそれを裏付ける資料もなく、全くの捏造である。
 では何故、市職員は躍起となって発掘調査を行うのであろうか?
 米沢市には「職員の再任用制度」があり、定年退職しても条件をクリアすれば年収300万円(推計)を得ることができる。よって今回の「舘山城と北館と結ぶ通路の調査」は再任用目的の調査ではないかと疑ってしまう。
 因みに手塚職員は数年「再任用制度」の恩恵を数年賜っている。








この記事へのコメント

kage

平成28年3月1日付けの官報告示

平成28年3月1日付けの官報(号外第46号)告示は確認されましたか?

国指定史跡の指定範囲は,米沢市公式ウェブサイトに記載されているとおりです。

https://www.city.yonezawa.yamagata.jp/3191.html
https://www.city.yonezawa.yamagata.jp/secure/4201/rihurettoomote.pdf
https://www.city.yonezawa.yamagata.jp/secure/4201/rihurettoura.pdf

事実(官報告示の内容)と異なる内容を喧伝されるのはいかがなものかと存じます。

(官報の写しが山形県の公式ウェブページに掲載されていたのですが,現在は削除されています。)

Posted at 20:53:52 2020/10/01 by たびのひと

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック