FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

市長、副市長を更迭か?

kage

2020/02/25 (Tue)

市長、副市長を更迭か?

 井戸副市長更迭の話は大分前から有り、山口元企画調整部長・退職県職員・現総務部長・島軒市議などが後任候補として囁かれていたが、今日、中川市長は井戸副市長に「四年間御苦労様でした」と更迭の意を伝えたとする、職員からの電話があった。

 中川候補が市長選に初挑戦の時、鈴木憲和代議士は選対本部長として采配を振るい、中川市長誕生の立役者であったし、井戸副市長招聘も彼によるものであるが、その後の市長と代議士間には不仲説が流れ、原因は「市長は人の恩義を恩義と感じない男だから」との風説が市井に流布すると共に、中川市長と井戸副市長間にも代議士同様に不仲説が噂されていた。

 小生は、井戸副市長とは何度か会食を共にするなどの付き合いの中で、安部市長時代の副市長三人と比し、行政力は白眉であると評価している。
 その彼を更迭するなら、それなりの理由を市民に説明してほしいし、後任副市長の行政力も説明願いたい。
 
 地方自治体の長は、国に陳情をすることによって助成金を獲得するなどの実績が評価されるが、中川市長の国への陳情は過去2年間の出張記録には載っていない。
 されば地元代議士に頼んで国に陳情と言う手もあるが、前述のように代議士と不仲ではそれも望み薄である。

 人口減や税収減の流れの中で、新庁舎建設費・高校までの無償医療費・市立校へのクーラー設置など、来年度は過去最高額の予算を計上するが、その金はどこから捻出するというのか?
 税の増収か、国・県からの助成金を仰がなければ今までの行政サービスを削るほかないが何を削ろうとするのか、はたまた多額の借金を後世に付け回すのか?

 市長選のリーフレットで、安部市政より増額になったことを自慢していた財政調整基金だが、前市長同様にそれの取り崩しと借金を収入として「収支決算は黒字です」とアナウンスするのではなかろうか。
 夕張市はこの手法で市民を欺き破綻したのであるから、市民は来年度の予算・決算に刮目願いたい。 
 

この記事へのコメント

kage

私も現市長に対して「なんだかな~?」と思う一人です。このような方を担ぎ上げなければならないほど,自民党米沢支部は人材不足ということでしょうか。エンタケの後は国会議員も輩出できていませんし。

私は全く外野の者ですが,鈴木憲和代議士との不和は中川氏個人と言うより,自民党米沢支部の問題に見受けられます。中川氏をアゲるためとは言え,鈴木代議士の面前で「落下傘候補」批判を繰り広げたのには驚きました。大沼みずほ氏が参議院で落選したのも致し方ないでしょうね。自主財源に乏しい米沢にとって,国とのパイプは死活問題だというのに,そんなことはどうでもよさそうです。

そう言えば,鷹山公も落下傘候補のようなものでした。1822年没なので,来年が二百回忌,再来年が没後200年です。米沢を盛り上げるためには,鷹山公の力を借りたいところですが,「米沢品質」のプロモーションビデオで鷹山公をディスっていたくらいですから,そんな気はさらさらなさそうです。

Posted at 21:47:30 2020/02/26 by 便所の落書き

この記事へのコメント

kage

市政等について判りやすく記述されており、興味深く拝見しています。クレーマー諸氏の雑音、重箱の隅突っつきはスルーし発信を継続してもらいたいと思います。市議会での中川市長を見ましたが、「なんだかな~?」という感じです。他の市町の首長(山形市、鶴岡市あたり)と比較すると判りやすいですね。

Posted at 14:56:25 2020/02/26 by 米沢の住人

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック