FC2ブログ
2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

シュウ氏の回答へ

kage

2020/01/20 (Mon)

シュウ氏の回答へ

 先ず質問に答えてくれたことに感謝する。

 シュー氏は当ブログの「商工会議所が中川市長の行政手腕に不信感を抱き辛辣な関係となっている」との記述に「呆れかえってしまった」とのことだが、この一文は12/30の毎日新聞の引用と断っているので毎日新聞への抗議であろうか?
 引用の記事は下部に全文掲載したので熟読して貰いたい。 新聞は社会の公器といわれ、それなりの根拠を持って記事としているが、今回の市長選には中川市長と商工会議所間のよろしくない関係を述べている。
 よって、小生の記述が「無茶苦茶な論理」とは思えぬが如何か?

 又、「酒席で中川市長へは誰も酒を注ぎには行かなかった」の一文にクレームだが、これは商工会議所会員が述べたことをコメントしたもので、毎日新聞の記事を読めば「さもありなん」との思いから掲載し、クレーマー氏のように事実に基づかない誹謗中傷の類いではない。
 
 又々「米沢の工業出荷数が減少し始めたのは前市長以前からどんどん下がり始めており、現市長だけの責任にあらず」シュウ氏は述べるが、小生はそれらの減少が「中川市長だけの責任」とは述べた記憶は無い。どこで述べているか御指摘願いたい。

 実際に本市の「人口減」「工業出荷額減」「税収減」の流れは止まらない。市長選ではこの流れを止める施策の公約を期待したが、中川候補は「この流れを止めるな!!」と衰退する米沢を目指す方針を打ち出した。
 それに、海老名悟前市議が議会で「中心市街地活性化の具現化」を質問すると、中川市長は「再開発は民間で」と行政トップとして無責任な回答をしたことが、米沢市の将来へ危機感を持ち立候補したと言われるように「あと4年中川市長で米沢市良いのか?」の疑問を要旨としてブログ掲載したもので、中川市長になった途端に「人口減」「工業出荷額減」「税収減」が発生したとは言っていない。

以下2019.12.30の毎日新聞より

■経済界の危機感反映
 過去最少の24票差で当落が決した米沢市長選(11月24日)から1ヵ月。市内では今も「なぜ市を二分したのか」との声が聞かれる。
 自民党支部が推す現職が再選されたが、地元経済界には公然と対立候補側に立つ人もいた。異例の構図の理由を調べると、「米沢は出遅れた」との経済界の危機感に行き着く。中川勝市長の「市民総参加の街づくり」は進むのか。       【佐藤良一】

関係正常化が焦点に
 11月13日、新人・近藤洋介氏の市長選決起集会。同1日に任期を終えたぱかりの米沢商工会議所の吉野徹・前会頭が選対本部長としてあいさつした。
 工業出荷高I位の座を東根市に奪われ、市街地活性化では山形、鶴岡両市などより遅れていると指摘。「さまざまな提案に市は応えてくれなかった」と強調した。市政への不満は長年渦巻いていた。
 市の「中心市街地活性化計画」(2011~20年度)を巡って商議所は15年、「国の認定を受けて商業地を再生すべきだ」と要請。他市の事例も踏まえた提案だったが、市は別の補助事業を優先するとして受け入れなかった。
 市庁舎建て替えも溝を生んだ。当初は耐震補強を検討していたが、国が16年の熊本地震の教訓を踏まえ、同12月に市町村の庁舎建て替えに22.5%の支援措置(20年度までの完成が必要)を決めると、市は急きょ、建て替えにシフトした。
 当時、商議所は市内中心部のショッピングビル「ポポロ館」の再開発を市と水面下で協議していた。市の産業関連部署を同ビルに移し、商議所は両輪となって市街地の活性化を進めることを検討していたが、方向転換して国の支援に飛びついた市の姿勢に不信感が増した。
 ビル所有者は跡地を市に提供する覚書を市と交わしており、17年8月、ビルに残っていた最後の店舗の撤退が判明すると、吉野前会頭は「跡地に庁舎の一部機能を移して市街地活性化の拠点とする絶好のチャンス」と市側に提案。だが市は同11月、財政難を理由に覚書を白紙に戻し、「再開発は民間で」と所有者側に伝えた。
 商議所は18年12月、「中小企業への支援」「魅力ある街づくり」など6項目の要望書を中川市長に初めて手渡した。ある市議は「実質的な抗議文だった。現市政に期待していただけに落胆が大きかったのでは」と推測する。
 別の関係者はここ10年ほどの市政について「行政と民間の意見調整を行う政治力がなかった」と指摘する。
 中川市長は23曰の定例記者会見で「選挙結果にはこだわっていない。本市の経済をリードする商議所と情報交換しながら、しっかりと連携していきたい」と表明。同日に市長と面談した増村力新会頭は「市と対立しているわけではない。今後10年以上かかる街づくりを行政と一体となって進めていく」と語った。 両者の関係正常化は、「2期8年」を掲げる中川市長の最後の4年のかじ取りにかかっている。

この記事へのコメント

kage

著作権法第32条
1.公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

著作権法の規定上、許可の必要がない範囲で利用する場合も、記事の趣旨を変えるような内容の改変や要約はできません。また、出典(表記例「毎日新聞●●年●月●日付朝刊」)を必ず明記してください。新聞や雑誌タイトルのロゴや題字は使用できません。

Posted at 12:02:53 2020/01/23 by

この記事へのコメント

kage

貴殿の恥ずかしい過去を暴いた当責の投稿1/10・15・17日を削除したな!!己れで事実を認めた事を視聴者は見てる。逃さないぞ。

Posted at 17:31:23 2020/01/22 by 桃太郎1号

この記事へのコメント

kage

変節者め!!
相変わらずの論点すり替えの文。
聞いた話の歪曲。文責逃れの捏造。支離滅裂な文末。お前の性格丸見え。笑われてる。
アッハッハー

Posted at 03:58:37 2020/01/21 by 桃太郎1号

この記事へのコメント

kage

シュウ氏は『商工会議所の会合に参加したというある方は「酒席で、中川市長へは誰も酒を注ぎに行かなかった」と語るように「関係正常化」は難しいのではないか。』という一文に「呆れかえってしまった。」と仰っています。(重ねて「酒席で商工会議所の連中が酒を注ぎに行かなかったとか、子供のケンカ以下のレベルの低い話で有りブログに載せるような話ではない。」とも仰っています。)

『・・・』は鬼の会ブログから引用しましたが,毎日新聞の記事中には見当たりません。したがって,『毎日新聞への抗議』でないことは明らかです。

もう一度,国語の勉強をやり直してはいかがでしょうか。

Posted at 01:06:26 2020/01/21 by 便所の落書き

この記事へのコメント

kage

毎日新聞社に転載の許諾は取っていますか?

Posted at 00:42:26 2020/01/21 by 便所の落書き

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック