FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

最後の殿様

kage

2019/08/26 (Mon)

最後の殿様

 当サイトが自由闊達なる意見交換の場となる事を望んでいる。

【最後の殿様】
 米澤藩最後の殿様は上杉茂憲(もちのり)公だが市民には馴染みが薄い。8/25没後100年に当たることから「先人顕彰会」は「茂憲公没100年記念」と称しシンポジウムを開催したので聴講した。その報告をしたい。
(基調講演の要約)
 茂憲公は13代米澤藩主だが明治政府の廃藩置県により、県令として沖縄に赴くことになる。島内をくまなく視察し、困窮にあえぐ庶民のすがたを目の当たりにした公は、再三改革意見書を政府に送るも無視され続けたが、人材育成に心血を注ぎ、それが後年実を結んだことから今日も沖縄では敬愛されている。
 公に加えて、米沢市出身の建築家「伊藤忠太」は、首里城正門が取り壊されることを耳にし、その価値を訴え保存と修復に尽力した結果、現在は国宝に指定された事に島民は感謝している。

 上記のような歴史的経過から1994年に沖縄市制20周年を記念して米沢市と沖縄市は姉妹都市を締結する。夏場、市役所職員はシーサイドにいるかのような服装で職務に当たっているが、南国沖縄に倣ってのこと。
 行事としては、夏は米沢の小学生10名が沖縄へ、冬には沖縄の小学生が米沢へ訪問し、相互にそれぞれの文化等を学び交流を深めている。

 「茂憲公没100年」の他、今年は市制施行130年に当たる。米沢市は日本で最初に市制が施行された全国の37市の中の1市であり、その時東北では仙台、盛岡、弘前、山形、米沢、秋田、が指定された。
 この様に130年前の米沢市は全国的にも一目置かれる立場であったが、今となってはどうだろうか? 

 東根市の市長は土田正剛氏だ。県議より県知事選に挑戦したが敗戦し、その後市長に就任した。土田氏は人口問題や工業出荷額に取り組み、その手腕は高く評価される。
 米沢市長選が3ヶ月後に迫り、土田正剛氏のような有能な市長の誕生を望んでいる。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック