FC2ブログ
2019 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 06

奇々怪々な「今田事件」③

kage

2019/02/27 (Wed)

奇々怪々な「今田事件」③

 裁判官や検察官(警察官)は公務員である。よって同じ公務員が犯した罪に付いては起訴を怠ったり、寛大な判決が下される。
 前述のナセバの工事に「10月の工事遅滞は12月の大雪が原因であるから業者に責任は無い」や「発注者の責めに帰すベき事由による場合には追加追加工事料を支払う」という契約書の文言の解釈に「支払わない条件を明記していない以上、自由に追加工事料を支払って良い」などの乱暴な判決を見れば訪問諸兄も納得するのでは。

 例は他にも有る。
 『ナセバの工事遅延は「壁柱工法」に経験の無い請負業者の技術不足が原因である』との訴えに窮した市当局は、東京の工学博士を招聘し「壁柱工法は難しい工法ではないので、それが工事遅滞の原因ではない」との報告書を作成し裁判資料とした。
報告書には「難しくない工事が何故遅れたか」との原因が述べられていないため、会議録の存在を確認し提出を求めたところ、市当局は会議録を破棄するという驚愕の行動に出た。
 この行為は刑法に定める「公文書毀棄罪」に値する立派な犯罪であるので、小生は米沢警察署に刑事告発を行った。すると担当官は「弁護士が作成した告発書を提出しなさい」と告発を受け付けなかった。
 刑事告発は個人で行っても有効であるし、文書によらなけば受け付けないものでもない。警察官は同じ穴の狢(むじな)の公務員を取り調べるのがいやなので、弁護士を頼めと言えば20万円はかかるので諦めるだろうとの思惑から「弁護士を頼め」と言ったのだろう。 この警察官の行為も又「職権乱用罪」に当たる立派な犯罪行為である。
 
 かように、裁判官や警察官が正義の味方と思うのは一般国民の錯覚であり、司法界は未だ江戸時代と同じで「町民の分際で、お上に逆らうとは不埒なやつ」との認識があるようだ。

 【完】

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック