FC2ブログ
2019 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 04

水道事業の民営化

kage

2018/12/26 (Wed)

水道事業の民営化

 2013年4月19日、麻生太郎副総理は、米国戦略国際問題研究所で、「世界中ほとんどの国で民間会社が水道を運営しているが、日本では国営もしくは市営・町営である。これらをすべて民営化する」と発言して以来、水道の民営化が検討されてきたが、6日の衆院本会議で水道の民営化をめぐって改正水道法が審議され、賛成多数で可決、成立した。

 水道事業の民営化とは、既存の公共施設の所有権は公に残したままにして運営権を民間に売却し、民間が運営するとだという。
 此の方式は既にフランス・イギリス・ドイツなどで実践されたが、料金の高騰を招き、公営に戻している実例が多い。
 「一度民間に任せてダメなら戻せばいい」と言う考えもあろうが、民間との契約が単年度で無いため、中途解約により公は莫大な違約金を支払わされた例がある。

 現在我が国に於いて、水道事業を単独で一括受注可能な民間の企業体は実在していないので、①新たな企業体を設立するか、②海外の企業体に依存することなるが、①は新たな天下り先として水道部のポンコツが高級で就任するし、②は麻生太郎副総理関連が甘い汁を吸うという話が週刊誌で報じられている。

 本市で公営を民営化した大型プロジェクトに「ナセバ」があるが、指定管理者制度と称して、図書館と市民ギャラリーの運営・維持管理を「公益財団法人米沢上杉文化振興財団」に、10億円(5年間)に迫る契約料を随意契約で委託した。
 当会は此の契約に、「金額からして随意契約は違法である」旨の抗議を行った所「一括で受けられる企業体は上杉財団しか存在しない」との事。そこで「分離発注にすれば良い」と返すと「分離発注は高く付く」とのたまうので、さらに高く付く計算根拠を質すと「一括発注が安いのは常識だ」とにべもない。

 指定管理者の条件には「管理を安定して行う物的及び人的能力」が求められるが、上杉財団にその物的及び人的能力を備えた人物は、ビル総合管理㈱ABM関連の吉野徹氏位しか見当たらない。水回りや電源関係は当然外注として財団がピンハネすることになるし、ギャラリーの物的及び人的能力を備えた人物は経験豊富(ポポロと大沼)な「米沢市芸術文化協会」があるではないか。 これまで市が運営してきた図書館であるから、当然、上杉財団に図書館運営の物的及び人的能力を備えた人物はいない。

 かように公共事業を民営化した場合は、特定の利権者が懐を肥やす構図となるのが過去の例で、水道事業の民営化もこの道を辿るのは必至であろう。


この記事へのコメント

kage

 水道民営化のニュースと共に、某リゾート用地の私設水道が話題になりました。
 当市にも私設水道は存在します、マンション等です、某マンションでは、水道料金を市の代行と称して、市の基準で下水道料金を徴収しています、マンション1棟が市から給水を受け基本料金はカ1カ所分しか発生していません。
 マンション等は水道水供給のために高架水槽を設置していると共に地下乃至1階に受水槽を設けています。
 この受水槽・高架水槽は年1回以上の清掃と点検が義務付けられています。
 点検清掃に要する費用は管理組合から捻出されています、本来であれば水道料金の中から支出すべき金額です、管理業務を請け負っている業者がネコババしているような気がします。

Posted at 17:28:40 2019/01/06 by 夜逃げ中

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック