FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

直江兼続400回忌 記念講演会②

kage

2018/07/24 (Tue)

直江兼続400回忌 記念講演会②

山新
 直江兼続400回忌の記念事業として、7/22伝国の杜二階大会議室にて「大谷吉継末裔」大谷幹伸氏を迎えて講演会が行われ、126名の参加者に廊下まで椅子を並べる盛況ぶりであった。左の山形新聞に講演内容の要約が載っているので参照されたい。

 小生は「観光事業は産業である」あるとの持論から、「歴史を観光に」と訴えてきた。折しも今年は戊辰戦争150年・直江兼続400回忌に当たる事から、年度初めに、市・商工会議所・観光協会に「今年はどのようなイベントを計画しているか?」と質したが具体的な計画は聞き出せなかった。
 そこで、小生が所属する「米沢御堀端史蹟保存会」では今回の企画の他に「色部長門碑前祭」「雲井龍雄は・・・」のイベントを計画した。
 市は「市民が計画した良い企画には応援する」とのスタンスで、幾ばくかの助成金は期待出来るが、かなりのエネルギーを市民が負担するのでは自ずと矮小した規模の企画となる。 よって、市がどのようなまち作りを行うかを企画立案し、市民は部分的に協力するシステムでなければ、折角の助成金も統制の取れないバラバラの企画で効果は薄い。

 何度か紹介したが、金沢市の名市長「山出保氏」は「文化でまちづくり」を標榜し、5期20年で姿創られた金沢市は、現在、日本はおろか海外でも評価が高く、訪れる観光客も米沢市の比では無い。

 「東洋経済新報社 住みよさランキング」で米沢市は山形で最下位の位置にある。人口は間もなく7万人台に突入する昨今、「山出保氏」のような、将来のビジョンを掲げ具現化に精進するリーダーが早急に現れないかぎり、米沢市も消滅都市の仲間入りとなるのではと危惧している。








 

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック