FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

上杉家の名刀

kage

2017/10/17 (Tue)

上杉家の名刀

 「上杉家の名刀と三十五腰展」と題する展示会が「米沢市上杉博物館」で10/22迄催されている。
 古来、刀(太刀)は武器としてだけでなく、献上品や褒美としても重要な位置を占めていた。上杉景勝は刀(太刀)への造詣が深く、自ら選んだとされる「御手撰三十五腰」の存在が伝えられるが、三十五口の存在ははっきりしないという。

 本市には現在、国宝に指定された刀(太刀)は無いが、元上杉家所有の短刀「謙信景光」が国宝に指定され、現在の所蔵者は「埼玉県立歴史と民族の博物館」となっている。今回この国宝が展示されているのに加えて、ゲームで刀剣女子ブーム要因の一つ「五虎退」も展示されているので博物館を訪れた。
 
 元上杉家所有で国宝に指定された刀(太刀)は「謙信景光」の他に「山鳥毛」がある。
「山鳥毛」は上杉謙信の愛刀で、現在個人所有となっているが上杉謙信ゆかりの地、新潟県上越市が購入を予定し、3億2千万円の予定価格で所有者との間で交渉中とのことだが、契約金額に折り合いがつかず交渉が難航しているという。
 過去に、どのような事情で個人の所有となったかは定かで無いが、3億2千万円でも折り合いが付かないとは驚きである。

 山形県に国宝は六つ在り、その内の二つ、洛中洛外図屏風(狩野永徳筆)と上杉家文書の本市所蔵は誇らしいが、もし上杉家が近代まで栄えているとしたら、更に国宝の数々が加えられたであろうと思うと残念な気がした。

山鳥毛
山鳥毛


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック