FC2ブログ
2021 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 10

「みんなの会」とは「安部個人の会」

kage

2011/06/13 (Mon)

  安部三十郎市長の支援団体「みんなの会」の名前を知る人は多いと思うが「市民グループ」と表記していることから不特定多数の市民による支持団体と解釈している市民が多数と思われる。
かくゆう老生もその認識で今までいたが、県選管より前回の市長選(平成19年)の「みんなの会収支報告書」を入手しその実態を知る事となった。

収支報告書の数値を以下に記す。

収入総額              ¥9,537,360.-
内訳    前年度繰越             652,807.-
       H19.08.10 安部真理子より   400,000.-
       H19.09.27 安部三十郎より  1,200,000.-※
       H19.10.08 安部真理子より  1,000,000.-
       H19.10.31 安部三十郎より  1,500,000.-
       H19.11.09 安部三十郎より  1,000,000.-※
       H19.11.16 安部三十郎より  1,000,000.-※
       H19.11.19 安部三十郎より  1,000,000.-※
       H19.12.20 安部三十郎より  1,000,000.-※
        その他より            784,553.-
       ※は米沢市市政研究会の肩書き有り

 「みんなの会」の正式名称は「夢のある米沢をみんなでつくる会」とあり活動費及び市長立候補時の選挙費用の全額近い額が安部三十郎夫妻から出ていて活動資金は安部三十郎夫妻の丸抱えであることがわかる。
  したがって「みんなの会」の実態は「夢のある米沢をみんなでつくる会」とした理念で米沢市民が結集した会でないことが分かろうというものだ。
選挙時に動員される「みんなの会々員」たちは単に集票マシーンであればいいだけだ。

 結論からすれば「米沢市長の椅子」は安部三十郎個人の金銭で買い取ったものである。
したがって、にわか金満家に見られる思い上がりで歴代市長の誰もが実行しなかった市庁舎の禁止規定を破る、選挙時に使う「自由の風」なるのぼりを市庁舎内部に飾りつけて恥じない鉄火面ぶりである。

  「米沢市長の椅子」は安部夫妻の名誉心を、米沢市に売った広大な土地代金が満たしたものといえよう。
土地代金とは「アルカデア構想」によって市か買い上げた農地である。
  安部の農地は他人の農地に隣接していたが、他人は市の要請によって売ることを決め金銭の授受を待つばかりとなっていたが、肝心の安部自身が訳の分からぬ御託を並べ承諾印を押さなかったために土地を売り渡した地主たちが困った。
ごねにごねて安部は印を押して土地を売ることを承諾し、売った土地の代金で市長の椅子を買ったのだといわれている。

  安郡は市長になってからも我が儘な性格は変わらず、前市長と誘致の話が進んでいた南陽市の佐藤病院の進出を阻止したのである。
なるほど佐藤病院の名は「精神病院」で知られていたから、安部にしてみればその名の病院進出には堪え難きものがあったのだろう。

  父親の名は「進」だと旧制米沢中学校の同級生は語ってくれた。 「成績もよく副級長などをしていて、戦時中はガチガチの軍国主義者だったが敗戦と同時に共産主義者になり変わってしまった。酒量がむやみに多く、ために酒によって早死にをしたような男だった」
弟も共産党で、6期目の市議として安部市長の後ろ盾となっている。

  今年は安部にとって3期目の市長選だが、今回も金の力にまかせて事前運動が始まるであろう。
土地成金でもない限り対抗馬は金の面で不利であろうが、もし対抗馬が出たとすれば政策論で判断し「みんなの会」と称する「金満安部の会」の虚構マニフェストに決して惑わされてはいけない。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック