2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

團十郎

kage

2017/08/18 (Fri)

團十郎團十郎
 團十郎と言えば通常は歌舞伎界の市川團十郎を指すが、鉢植えの朝顔團十郎を友人から頂いた。
 草花にはとんと疎い小生だが、「茶色の花の朝顔が咲くよ」との説明に興味を持って開花を待ちわびていたが、漸く一輪開花した。
 花は写真のように海老茶色で、二代目市川團十郎が、歌舞伎十八番の内「暫」で用いた衣装の色にちなんで命名され、黄緑色の明るい葉色と相まって美しいコントラストをなす。
 この種は江戸時代に固定化されたのだそうで、江戸時代の花を愛でる文化が継承されて現在に至るが、はっきりと團十郎の特長を持つものは珍しく「幻の朝顔」とも言われている。

 朝に開花し、昼には萎んでしまう儚(はかな)い花の命だが、早めに花を摘み取らないと種子を作るために次の花が咲かないと聞き、10時に花を摘み取った。これからも何輪か咲いてくれるものと期待している。


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック