2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

匿名希望氏へ

kage

2017/07/29 (Sat)

城史苑
匿名希望氏へ

 『現職市長である中川勝氏の後援会が7月27日に「上杉城史苑駐車場」でビアパーティーを開いたそうです』から始まる投稿が寄せられた。
 当会並びに複数の投稿氏が、これまでこの場所を「松が岬おまつり広場」と称していた事への疑問と捉え、後述する。

 中川市長のビアパーティーの開かれた場所は「米沢市松が岬おまつり広場の設置及び管理に関する条例」によって管理される「松が岬おまつり広場」が正式名称であり、上杉城史苑はこの場所を米沢市より三日間有償で借り受け、左写真のような「夏まつり 大ビアパーティー」を例年行っている。

 27日の中川市長の催しで販売されたパーティ券には、名称は「中川勝後援会ビアパーティー」と冠され、主催「中川勝ビアパーティー実行委員会」・場所「上杉城史苑駐車場」となっている。

 前述から分かるように、城史苑が行う三日間のビアパーティーの内、一日を「中川勝ビアパーティー実行委員会」が借り切っての催しで、その場所を「上杉城史苑駐車場」と表記した訳だが、この名称は広く市民に認識されている呼称であり、問題は無い。

 問題なのは、上杉城史苑が「松が岬おまつり広場駐車場」を常時無料で使用していることにある。城史苑はこれに限らず、地代を一般市民が納める固定資産税の1/4しか納めておらず、利益を「S」「N」「Y」氏の懐を暖めて居ることに有り、本市(一般市民)にメリットが無い事だ。

 「城史苑は市民の固定資産税並の地代を払うべし」と市議団にも賃料更改を提言しているが、成澤市議を先頭に「松が岬おまつり広場を有料駐車場に」と議会で述べ、市民と観光客から料金をせしめようとする事に異議を述べてきた。

 本市と城史苑で交わした、直近の賃貸契約書を情報公開で求めているので、その内容を近い内に公開する予定である。

この記事へのコメント

kage

米沢市役所に電話し,当該駐車場は「米沢市松が岬おまつり広場の設置及び管理に関する条例」第2条の2に定められた「駐車場」であるとの回答を得ました。

その回答を得た上で,条例の第8条に反する「駐車場」の目的外使用があったことを伝えました。

「鬼の会」様の記事中に『上杉城史苑はこの場所を米沢市より三日間有償で借り受け』との記述があり,「米沢市公有財産の取得、管理及び処分に関する規則」に基づく使用の許可があったことを想起させます。

しかしながら,日本においては,憲法>法律>政令>省令>条例>規則という関係は大原則であり,規則が条例を上書きすることはできないはずです。

Posted at 18:26:05 2017/07/31 by

この記事へのコメント

kage

米沢市商工観光課が製作した「上杉の城下町米沢」という観光マップ(初版平成元年4月*第39版平成24年11月)には,当該駐車場が「おまつり広場駐車場」として記載されています。

使用許可を出した指定管理者に責任があるのはもちろんのことですが,その会場を現職市長である中川勝氏の後援会が利用し,現職市長である中川勝氏ご自身も参加されたということの意味は,計り知れないほど大きいと思うのですが,いかがでしょうか。

(「米沢を良くする会」様には,気付いていただけたようです。)

以上は,当該駐車場が「米沢市松が岬おまつり広場の設置及び管理に関する条例」第2条の2に定められた「駐車場」であれば,の話ですが。

Posted at 19:46:34 2017/07/30 by

この記事へのコメント

kage

条例
第3条 おまつり広場(駐車場を除く。)を祭、催物、集会等に使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。
2 市長は、前項の許可に当たっては、管理上必要な条件を付すことができる。
施行規則
第11条 条例第10条第1項の規定によりおまつり広場の管理を指定管理者に行わせる場合においては、第5条から第7条まで及び第9条の規定中「市長」とあるのは、「指定管理者」とする。

米沢市松が岬おまつり広場の設置及び管理に関する条例第3条で「お祭り広場」の使用については定めがあります、「駐車場」を除くとカッコ書きがあります。 
駐車場を駐車場以外の目的で利用可能とした条文は見当たりません。
当局独自の法解釈で条例に「駐車場以外の目的で使用してはならない。」の記載が無いから駐車目的以外でも使用許可が得られれば利用できるということでしょうか?
違法な目的で使用許可を出した指定管理者にどんな処分があるのでしょうか?施行規則では指定管理者が許可するようです、また上杉城史苑以外の者が駐車目的以外であの場所を使用許可申請した時許可が下りるのでしょうか?
市民の財産です、公平に利用できる法整備が欲しいものです。

Posted at 19:06:46 2017/07/30 by 米沢を良くする会

この記事へのコメント

kage

過去の記事を再度読み直して,大変恥じ入っております。「米沢市松が岬おまつり広場」の「指定管理者」に応募されたことですから,当該施設について熟知しておられるのは当然のことであり,私の書いた「ほぼ間違いありません」などという言葉は,あまりにも失礼でした。誠に申し訳ございません。どうか寛大な心を持って,ご容赦ください。

非礼の上でのさらなるお願いで,重ね重ね申し訳ないのですが,「多目的広場及び駐車場」それぞれの範囲について,ご教示いただければ幸いです。(市役所に問い合わせる際に匿名というわけにも行かず,行政を批判するような事柄ですので,いかなる報復を受けるやも知れません。どうか,よろしくお願い申し上げます。)

Posted at 01:15:42 2017/07/30 by

この記事へのコメント

kage

「おまつり広場」には「電気自動車用急速充電器」が設置されており,「24時間年中無休」で利用可能とされています。ところが「米沢創生の会」のFacebookに掲載された写真から推察すると,ビアパーティーの際には「電気自動車用急速充電器」へのアクセスが不能になっていたように見受けられます。

「米沢市松が岬おまつり広場の設置及び管理に関する条例」第2条の2に定められた「多目的広場及び駐車場」それぞれの範囲について,週明けに市役所に確認を取ろうと思います。

(米沢市公式ウェブサイトの「電気自動車用急速充電器の設置について」というページに,設置場所として「おまつり広場」とあることから,いわゆる「上杉城史苑駐車場」が「松が岬おまつり広場」であることはほぼ間違いありません。)

Posted at 00:46:18 2017/07/30 by

この記事へのコメント

kage

米沢市松が岬おまつり広場の設置及び管理に関する条例
第1条 各種の祭、催物、集会等の利用に供するとともに、市民の散策及び憩いの場として広く開放し、住民の福祉の増進に資するため、広場を設置する。
第8条 駐車場は、自動車(道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第2条第2項に規定する自動車をいう。)を第1条に規定する設置の目的のため、一時的に駐車すること以外に使用してはならない。

 条例に従えば物販と飲食店を兼ねる上杉城史苑来店者は、お祭り広場を駐車場として利用できない様です、何故舗装された上杉城史苑隣接地の中央にゼブラの線引きがされ、歩行者の通路が城址苑まで確保されているのだろうか?利用目的外に思えます。

Posted at 19:11:20 2017/07/29 by 米沢を良くする会

この記事へのコメント

kage

『「上杉城史苑駐車場」と表記した訳だが、この名称は広く市民に認識されている』のであれば,市民共有の財産である「松が岬おまつり広場」が,一企業である「上杉城史苑」のものである(あるいは「上杉城史苑」が賃借している)と,多くの市民から*誤認*されていることを意味すると考えますが,いかがでしょうか。

Posted at 14:06:55 2017/07/29 by

この記事へのコメント

kage

当該駐車場が『「米沢市松が岬おまつり広場の設置及び管理に関する条例」によって管理される』のであれば,駐車場の目的外利用は第8条に反すると思われますが,いかがでしょうか。

Posted at 11:32:37 2017/07/29 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック