2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

政治不信と行政不信[自民党の凋落]

kage

2017/07/24 (Mon)

政治不信と行政不信[自民党の凋落]

 与野党が対決する構図となった仙台市長選挙は23日に投票が行われ、無所属の新人で、民進党宮城県連などが支持する元衆議院議員の郡和子氏が当選を果たしたが、先頃の東京都議選でも大幅に自民党議員が落選した事は、我が世の春を謳歌した安倍政権に凋落の兆しが謙虚に現れた事象と思われる。

 反面、受け皿となるべき民進党の支持率も落ちていることから、この兆候は国民による政治不信と行政不信に原因があるのではなかろうか。

 日本の政治は、江戸幕府から明治政府になり近代国家が進められたと云われるが、150年を経過した現在、その改革の中心となった薩摩藩や長州藩の行動に「明治維新は正しかったか?」とする書籍の出版も現在話題になっている。

 小生も「明治維新は正しかったか?」との疑問を持つ一人である。
 天皇に政(まつりごと)を返還するとした薩長の大義名分は、政権を手にするや「勝てば官軍」のことばを生んだ如く、やりたい放題・勝者の理論が世を支配し、その兆候は長州出身の安倍晋三首相の言動に継承され、国民は「安倍晋三首相の強権」を危惧するが、安倍首相に限らず、政権を得た者の殆どが「国民ファースト」ならぬ「自分ファースト」とする行動が、政治不信を招いたと思っている。

 「雲井龍雄」が明治政府にどのような思いで楯突き、首を刎ねられたか、来年は戊辰戦争150年の節目の年であることから、米沢市より「施政とは如何にあるべきか」を発して行くべきではなかろうか。
 

この記事へのコメント

kage

安倍政権のこの度の騒ぎはマスコミが作り上げたものだと思っております。安倍総理にはまだまだ頑張っていただきたいですが、鬼の会の皆様はどのようにお考えでしょうか。

Posted at 21:26:02 2017/07/24 by 元市民

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック