2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

江股餅のこと

kage

2017/07/10 (Mon)

江股餅のこと

 8/1の愛宕神社(遠山町)の祭礼に3個の餅を串に刺した田楽餅が売られ、この餅を食べると一年中風邪をひかないとの言い伝えがあり、現在でもその風習が継承されているが、この風習の起こりは江股餅に有るという。
 
 米沢市六郷町江股地区に観音堂があり、付近では餅米が栽培され、お年越しの振る舞い餅に供されていた。
 この地は鬼面川の湧水地帯のため水質が良く、その餅はきめ細かく腰が強いので城下の人々からは「顎が浮かされるようだ」と絶賛され、雑煮餅にするとドロドロにならずに大変喜ばれたという。

 この江股餅を現在の形にして8/1の愛宕祭りで笹の葉に三つ並べて売ったところ、「この餅を食べると一年中風邪をひかない」とたいそう評判となり、現在に至る。小生が子どもの頃は今よりも田楽餅の出店が多く、賑わっていた。

 この江股餅を六郷地区では継承し、6/25には「江股餅を楽しむ会」が六郷コミセンで開催され、小生も参加費1,000円を払って食してみたところ、確かに腰が強く、雑煮もドロドロにならず評判通りの食味であった。

IMG_1549.jpg  IMG_1552.jpg

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック