FC2ブログ
2021 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 10

恥を知らない二枚舌候補

kage

2003/11/06 (Thu)

 選挙戦もあと3日、有権者の感心は全くない。候補者の公約を聞いていると、明日にでも暮らしが豊かになるような結構ずくめの公約である。選挙の度に騙され続けてきた有権者にとっては「またか」と候補者の二枚舌に慣れてきた感がある。ゆえに無関心なのだ。大衆に迎合されやすい日本人は幾度失敗しても、また失敗を繰り返している。

 日露戦争で大勝して、日本が益々発展すると軍人、政治家、庶民ともに浮かれきっていた頃、夏目漱石は「三四郎」の中で「滅びるね」と書いた。

 太平洋戦争において、日本の敗色が濃くなっていた18年秋、駐日フランス大使だったポール・クローデルは「私が滅亡することを欲しない一つの国民がいる。それは日本人だ。彼らは貧乏だが、しかし彼らは高貴だ」と詩人のヴァレリーに語っている。しかし、豊かさに慣れて精神が脂肪ぶくれしてしまった現代の日本人に「高貴」の片鱗を見いだすのは困難だ。

 教育の基本すら怠っている日本の現状をみるにつけ、漱石にならって小さな声で「滅びるね」とつぶやく人たちが増えているのではないか。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック