2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

松明あかし

kage

2016/11/14 (Mon)

松明あかし

  四百二十年余前を偲びながら、晩秋の夜空を焦がす須賀川の「松明あかし」が、今年も11/12(土)開催され、11万人の人出があり大変な賑わいであった。

 今から四百二十年前の天正十七年、米沢に居城を構えた伊達政宗は二万三千余騎の大軍をもって須賀川城に攻め入り、火を放ったため町中が火の海と化し、須賀川城は多くの家臣とともに炎に包まれ、遂に落城した歴史から、松明あかしは、この戦いで戦死した多くの人々の霊を弔うため、新しい領主の目をはばかり、ムジナ狩りと称して続けられ、須賀川の伝統行事となったのだという。【クリックで拡大】

太鼓 中女 中男 姫松明 大松明1 大松明2 点火前 大松明点火 前点火 火炎

 当日は好天に恵まれ、県外からも多くの観光客が訪れるので駐車場を心配したが、歩いて五分程の福島病院駐車場に駐めることが出来た。駐車場はここだけで無く、数カ所が用意され全てが無料である。このように、今年数多くの観光地を訪ねたが、駐車料を取られた所は一件も無い。
 ところが、姫路城まで車で出かけた友人は「駐車場は有料だった」と言うので良く聞いてみると、「30分無料の所も有るが、一日駐車して800円の駐車場を利用して見学した。入城料は1,000円だから何時間観ても1,800円は安いものだ」と納得の表情である。
 御存じのように姫路城は「国宝」・「世界遺産」であり、この度は、期間5年半・費用24億円をかけた「平成の大修理」が完成し、まばゆいばかりの景観から一日1万人に近い観光客が訪れる人気の観光スポットであるから、800円の駐車料を払っても惜しくはないだろう。

 米沢城の場合はどうであろうか。天守閣は勿論の事、石垣も無ければ当時の館も無い。訪れるのは「城」と言うより「上杉神社」が目的であろうから、米沢市議団と観光課は何の集客努力もせずに、おまつり広場駐車場の有料化で儲けようなどと、人の褌で相撲を取るような事を考えずに、誘客力のある米沢城整備を考えるべきでないか。
 下図の御三階復元などは面白い。【クリックで拡大】

御三階

この記事へのコメント

kage

ご存知かとは思いますが、写真は角の御蔵であり、天守閣ではありません。

私見ですが、復元するよりも現存する歴史的建造物の保存・修復に努めた方が良いのではないでしょうか。

Posted at 01:57:11 2017/01/03 by 通りすがり

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック