2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

吉野川の源流「くぐり滝」

kage

2016/09/04 (Sun)

吉野川の源流「くぐり滝」

 白鷹町から国道348号線を山形に向かい、白鷹トンネルを抜け少し進むと右側に「くぐり滝」の案内版があり、そこから細い道を車で5分も進むと目的地に到着する。車を降りて滝に向かうと3分程で写真のような「くぐり滝」が目に入る。滝までの小道は整備されているのでサンダル履きでも問題無い。

 この川水は吉野川の源流で、高さは14m程だが春の雪解けや五月雨の頃の水量は多い。今は写真の如くさほどではないが、くり抜かれた岩穴から流れ出る滝の姿は珍しく、グリーン山形百十景にも選ばれている。この岩穴がどうして出来たか分からないが、人工的に作られたものでは無いようだ。

 現在は南陽市小滝地区となっているが、江戸時代の頃、米沢上杉藩は下流の水資源確保のため、滝の奥地を「御料林」と定め、山守・水守7世帯を住まわせ「水林」地区とした。(今は誰も住んでない) その昔、宮内熊野大社の修験(やまぶし)はこの滝でみそぎをして、白鷹山へ向かったとも伝えられている。

 訪れたのは9/4(日)の午後1時頃だが小生の他に5人程が観に来ていた。
 滝には人を惹きつける魅力があり、日光の華厳滝はツトに有名で多くの観光客が訪れている。
 本市には、黒滝・赤滝・芳沢不動滝・白布大滝・松川大滝・火焔滝・亀滝・五階滝・滑川大滝・布滝等、このように名瀑が多数有るが、誘客の努力は如何程であろうか?(クリックで写真拡大。右端の写真はくぐり岩を裏から撮影)

くぐり滝4 くぐり滝1 くぐり滝3 くぐり滝2 くぐり滝5

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック