2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

睡蓮

kage

2016/07/18 (Mon)

睡蓮

 上杉神社の北側堀は、「蓮」の花が見頃となりカメラ片手に訪れる市民も多く、米沢の名所と言えそうだが、上杉伯爵邸の「睡蓮」も捨てたものではない。しかし以外と市民には知られていないのではないか。
 「蓮」は花の美しさは素晴らしいが、葉が生い茂った光景は多少うっとうしいと感じる小生だが、その点、睡蓮は控えめで好きな花だ。それに開花が6~10月と「蓮」の7~8月に比べて長く、鑑賞期間も長い。
 次の写真は上杉伯爵邸池の「蓮」である。
睡蓮1 睡蓮2 睡蓮3
 数年前「西條無人公園を睡蓮池に」と、鈴木彰郎前市議が提案して根茎を植えたが根付かず、再度試みようとしたが市議選で敗れた後は、3.3億円も掛けた施設の「どぶ池」として「無人公園」の象徴となっている。

 「睡蓮」で観光集客を目指したのが松山町(酒田市と合併し現在は松山地区)で、松山城跡の堀には白以外の「睡蓮」が植えられ、訪れる人の目を楽しませている。松山城

 道の駅に22億円を掛ければ「観光客が殺到する」は、「天満公園を作れば武者道を通って観光客が押し寄せる」と発した安部三十郎前市長の妄想と通ずるものが有り、それより先に、余り金を掛けないで観光集客を考えるべしと提言したい。

この記事へのコメント

kage

睡蓮

岐阜に睡蓮を植えた通称モネの池が今人気ですよね。
米沢の街中の公園ではイメージが違いますけどね。

Posted at 13:23:16 2016/07/19 by 米沢市民

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック