FC2ブログ
2021 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 10

日本沈没か!政治の腐敗頂点に!

kage

2003/10/25 (Sat)

「一の政治家なく、数多くの政論家あり。一の政論なく、数多くの政党屋あり」明治の作家・斎藤緑雨の政治家不在を憂いた位置文である。組織の若返りは、いつの世も拍手を得る早道に違いない。

 自民党の中曽根康弘は超高齢化社会を見越して、いち早く消費税の導入に口火を切った人だ。「税金を投入してもわが国の金融危機の芽を摘むべし」と喝破したのは宮沢喜一だ。両者ともに国家観や政治手段は違っていても、世間の拍手を欲しがらず不人気政策から逃げないところが似ている。

 それに比して小泉純一郎は世間の人気と拍手を気にするあまり、はじめ田中真紀子を外務大臣に起用し「やれやれ」とけしかけておきながら、後ろでは大臣の裾を踏んでいたことが告発された。

 こんどは若い石原を国土交通大臣に任命し、問題の道路公団藤井治芳総裁の斬首の任を命じ選挙時の喝采を浴びようとしたものの藤井縫裁の逆襲に遭いお手あげの態だ。藤井総裁の不適な笑いの意味するところは「政界の道路族が介入した国士払い下げ問題」で「死人が出るぞ」「墓場まで持って行かねばならない自民党の大物たちの名前だ」と、イニシャルで示す両刃の剣作戦に出た。

小泉首相はテレビ談話で「高速道路の緊急電話設備を公団が設置すると一器250万かかるが、NTTに直接頼むと一器40万でできるというんだ。差額の210万円はどこに消えてしまうんだ。不思議なことだね」と言って公団の不明朗さをアピールしたが、赤字の原因に自民党の大物道路族議員が関わりあっていたことによって自民党は大慌て、更に中曽根康弘元総理大臣が議員定年制(比例)に猛反発「今になって約束を反故にするのかッ!」小泉自民党これらのおさまりをどうつけるのかだ。 この度の選挙何が起こるかわからない。国民の大多数は田中真紀子の真紀子節を聞きたいと願ってる。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック