FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

「政」と「官」のありかたを見直すことが重要。

kage

2009/07/30 (Thu)

 8月末の投票日に向かって各党候補者は事実上臨戦態勢に入った。老生宅近くの四つ角では、早朝から出勤社員に目掛けて辻説法を行なっている議員候補者がいる。
騒音の中で聞き取れることばは「お早ようございます」と連呼する挨拶だけで、説法の中身はほとんど聞き取れないことから候補者の顔見世が主な狙いであろう。
山形2区からの候補者にとって人口密度から割り出した選挙区の広さには同情を禁じえないものがある。

 さて民主党のマニフェストには「脱官僚」を目指し、大正デモクラシーの時代から慣習とされた衆議院第1党の代表が首相となり、高級官僚は天皇から直接任命されていた。
  政府は大正期以来、与党と官僚の共同作業という二元態勢であり二元態勢が責任の所在をあいまいにしてきたことは事実だ。たしかに民主党が指摘するように官僚態勢による「無駄使い」は国民には目を覆いたくなるスザマシサであり国民無視の無秩序さであるが、官僚が責任を追求されることはない不思議な国家であるが、問題は「官僚をどう使うか」であり「官僚の知恵をどのように生かすか」にあろう。

 民主党による政権奪取は現在の風向きでは可能であろうが「脱官僚」という言葉は自重し「政官関係」を一体化させることに成功させることこそ大正以来の最大の革命となるのであろう。
が官僚たちによる抵抗も相当なものであろうから、民主党幹部の革命に賭ける意気込みが半端なものでないことを「党に期待する国民の願い」であることを肝に命じていただきたいものだ。
  官僚たちは昔でいう「高文試験」を通った秀才たちである。政府の要人たちに求められるのは「官僚の知恵」をどのように生かし活用できるかに真価が問われるのであろうからだ。

 野党の追い風が吹き荒れる現状に報道各社は論戦を張り続けているが、大正デモモクラシー以来の最大の改革到来に「官僚をどのように扱うか」の議論はないまだ「官僚の顔色うかがい」が蔓延しているのではあるまいかとの見方もあって有権者たちに落ち着が見られないのも確かなようだ。
  マニフェストも出さずに現与党の幹部たちは野党の出したマニフェスト批判に興じているだけでは噴飯もののそしりは免れまい。
所詮、ピラミット形の組織構成は「官僚の権威」を示すだけのものであろうが官僚が持つ「許諾権」に不合理さはないか。

 すべて社会はわが身を中心とした金銭の有無感覚で営まれている事実から「天下り」や自己保身の「無駄な歳出」などは今後も続けられてゆくであろうから「刑罰」や「免職制度」の規制なども厳しく設けられて然るべきであろう。
  公務員改革を成功させることこそ国民が待ち望んでいた政党政治の根幹であろうからだ。改革によって地方自治体に勤務する公務員たちにも良き緊張が生まれるであろうからだ。


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック