fc2ブログ
2022 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 09

南陽市に巣くう子ボスらが誓った健闘とは?(その3)

kage

2009/06/30 (Tue)

 自民党南陽支部といえばその結束の固さゆえに「底辺の声は無視」されてきた。上部団体といえば永田町の自民党本部だ。間に入って介在していたのが自民党2区選出の某衆院議員だ。 
 あろうことか某大臣就任から7日半日で辞職に追い込まれるハメになり「大臣就任祝賀会」の看板」がいち早く関係事務所から降ろされた。
現在、衆議院解散の時期をめぐり与野党入り乱れての夜半中継をする有様。
片や野党々首を代えたかといえば、2人の現職大臣にキナ臭い匂いが立ちこめるなど、政党の成立は一に資金であり、二に頭数である。だからといって国民的人気の高い某氏に自民党からの出場要請に「自民党総裁選挙に出られのであれば」と、半ばオチョクられたかたちで退散するというオソマツさ。

  本家がそんな風だから、南陽支部の弱体化は「親亀転ければ、なんとか」で、現在までの行政・議会支配は「夢のまた夢」となるのではあるまいか。
それには第一に市民の目覚めと市民運動が妙薬となって南陽市行政の病巣は癒されることになるのだがとはいえ、市民のなかには運動の中核になることによって、彼らの報復がいかに苛酷くなものであるかを恐れて陰に潜んで行政・議会批判をつづけているだけに過ぎないのだ。

 朝日新聞の報道によって南陽市民が事の経緯に目を開きはじめたものの、子ボスらは「法廷闘争には勝ちを信じて果敢に闘う」と鼻息強く意気軒高のようだ。 不当解雇の審判は「現職復帰によって原告の勝利」だが、現実には職場に復帰しようにも子ボスらによる環境悪化で現在自宅待機を余儀なくされているようだ。
不当解雇によって元総支配人は「当該社長の使込み」を南陽市内に宣伝これに業を煮やした当該社長は元支配人を名誉棄損のかどで山形地裁に提訴したものの社長の立場は市民には黒く映っているようだ。
 たとえば、当該社長身内の争いで依頼した弁護士費用がその都度ハイジアの普通預金から払われている事実だけでも社長には不利な材料であるが、裁判中の6ケ月だけハイジアパークの顧問弁護士であることも辻棲のあうことではないようだ。
 当該社長の名誉棄損の提訴は「飛んで火に入る夏の虫」とばかり元総支配人側ではこれまた意気軒高の構えのようだ。
南陽市議会の子ボスらに毒抜きされてきた議会は救いようのない議会なのであろうか。

 議会の内規に等しい申しあわせ事項として「市民の目や耳に入るような不都合な事項の議会発言は厳に慎むこと」と、何処かの国のような申し合わせで議員の発言にブレーキをかけているのだと時代錯誤の理不尽さが罷り通っているのだという。
 しかも指導的立場にある長老議員の発案であり強制的な縛りをもつ町の子ボス的な議員であるのだと市民は語る。
  貧しく不明朗な議員たちで構成されている議会も議会だが、その議会で証言した当該市の副市長が「使込みなどの不祥事は一切ない!」と断言。議会で虚偽の発言した門で、いずれは副市長の尋問は避けられまい。

 二期目を狙う現市長のようだが、現副市長を任命した責任を「市民が問う運動」が潜行しつつあるようだ。当該社長の名誉毀損が敗訴した場合「市民運動」が一挙に火柱となって行政側に積もり積もった膿と同時に改革の町を走り抜くのであろう。

 このクソ署い日に小生の事務所には朝から電話が鳴り響いている。市民からの目ざめの声である。はたして立ち上がる南陽市民であるか否やである。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック