FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

何度でも言う! 「米沢市政はなぜ、安部市長ではダメなのか!」

kage

2007/10/29 (Mon)

正常な感覚の有権者であれば何故「安部三十郎氏に米沢市政を任せてならない」かを理解されていると思うが、種々の影口がネットに入っているのであえて言う!
※「何故」

■ 市長だからこそ規定は守るべきである
 市庁舎規定の前段には「何人といえども侵してならない」という定めがある。守るべきは規定の前段であり付則ではないのだ。
 本日の国会喚問中継を見て理解できるであろう。防衛省の倫理規定をトップから破りながら部下に「倫理規定を遵守せよ!」と言えるのであるか。米沢市議会の追求にも「市長は良いのだ」と、平然と規定の前段を理解せず付則をもって良しとする安部三十郎氏を市長にいただけない理由はその一点にある。
これを権力の座についた途端の暴挙といわずして何んという。

市政に参与をはべらせたことである。
 本来ならば、何処の市町村にも見あたらないが、福島・山形大学から各々1名ずつ計2名の参与を抜擢し両名に月々70000円の報酬を与えてきた。米沢市政の組織図にない参与である。市政に関するかぎりでは副市長がおり各部長がいる。うがった見方をすれば市長個人の市政顧問なのであろう。が、組織図にもない参与であるから、職員の指導や相談にのることもできない立場の人たちであったことに踏まえて、彼らは米沢市政にとって無任所の立場で報酬を得ていたということになる。これを称して税金の無駄使いだとはいえないか。
 しかも、福島大学の参与は「安部市長は何を考えているか分からない、変わった人物だ」と語って米沢を離れて帰っていったのである。 組織にくみしない「参与」への報酬は無駄使いで、権力者の暴挙だといえまいか。

■ 企業誘致とは、納税・雇用をともに果たす企業の進出をいう。
 安部市長の企業誘致とはその感覚において大なる錯誤をしている。米沢在来の企業が米沢市の某場所に工場建設しても、それを企業誘致とはいわない。市長の言う誘致企業の内訳はヤマワの南原地区内の工場の増設であり、アルカデア用地には武田誠前県議の事務所移転である。この事務所も また米沢市の某所に在住していたものである。当該用地には某印刷所の工場が建っているが、これもまた米沢市に在住していた印刷所である。
 他所からの進出といえば、南原で「生ゴミから肥料を再生している」臭気ふんぷんで米沢市民の顰蹙をかっている会社ぐらいのものであろうか。
又、安部市長は企業誘致にトップセールスとして148企業を訪問したと吹聴しているが、有能なセールスマンは決して訪問数を自慢しないものだ。何故なら実社会に於いて経過は評価されず、結果が全てと心得ているからである。
 それに「佐藤病院の米沢進出を阻止」したくだりは、過去に「帝人」の米沢進出を反対した史実と共に、安部市政が犯した大罪として語り継がれるものであろう。

■ マニフェストなるものに「嘘」があってはならない。
 結果的に市民を騙し権力の座につくための手法であるからだ。安部三十郎氏は若者に「芝生のサッカー場」をつくると約束し「図書館」を新設すると公約した。その答えが奮っている「金がないから作れない」。
 疲弊した現状で市に金がないことぐらい誰にも分かっている。が、秘策があるのだろうと市民は夢を見続けていたことは事実だ。それが裏切られたのだ。「金がなければ、金を生む政策努力をしたのであるか」答えはノーである。何もしなかったのである。かわりに為したことは公的な球場を個人名義「皆川球場」と改称したことであり、これも市民の顰蹙をかっているぐらいが関の山なのである。

匿名諸氏へ
 老生は己れの分際を心得ているから市政を担当するというようなことは夢にも思ったこともない。しかし、市長を換えることは何度もやった実績がある。無用の長物と役に立たない市長は換えるべきだと信じている。
 又、当サイトを立ち上げ丸4年が経過したが、運営の心構えとしては通常報道されない事柄の「真実」を伝えることをモットーとし、単独の情報提供者の話に片寄ること無く、必ず精査し確信が得られた上で実名報道も行ってきた。
その間、市行政と渡り合い「行政監査請求」を2度行う事により昨年度6千万円、一昨年度4千7百万円の資源物売却収益を本市にもたらした実績は、心ある多くの一般市民からの情報提供による所が大であり、当会を支持される方々へは感謝する次第である。
 匿名諸氏よ姑息な手段で他人の批判ばかりの人生なんて情けないではないか?表舞台で堂々と米沢市民として責任ある発言をしてはどうか?そして行動を起こしてはどうか。


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック