FC2ブログ
2020 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 02

虚偽・隠蔽・癒着天国の日本。どこに国の「品格」があるか。

kage

2007/10/26 (Fri)

 牛肉、米穀・洋菓子・赤福、地鶏に至るまで虚偽に満ちあふれた日本市場であり経済事情である。人間の口にするものまで度外視した業界とは一体何処の国の話であるか。
 「官僚の悪」といえば防衛省の守屋元事務次官の国会証人が決まり与野党の追求がどこまで国民の納得する追求ができるかが問題となる。そして官僚・政治家の「商社癒着の実態」が明るみに出ることはあるのだろうか。官僚と政治家の貸し借りが存在している以上、解明の度合いがいかなることになるか、枕を高くして眠れない政治家がいることは確かだ。
 老性が常に不思議だと感じているのは、歴代防衛長官や大臣たちは癒着の実態に気づいていなかったのであろうか。答えは簡単である。彼らに守屋元事務次官を通して商社との貸し借りがあったからに違いない。これだけの大罪が一事務次官といえども、政治家の庇護がなければ不可能で、彼らもまた見て見ぬ振りをしなければならない事情があったに違いない。
 彼らの建前論は爽やかでも、本音の裏側に隠されている実態は腐れ切った隠蔽体質に極論されている。官僚をはじめとする自治体の役人の隠蔽体質は身近であるだけに腹が立つものだ。

 南陽市の「官製談合」は実名で指摘された市職員の壮絶な自殺によって幕が引かれようとしているようだ。自殺した職員には気の毒だったが、安堵したのは前荒井市長であり、現市長なのであろう。と南陽市民の大方は考えているようだ。全国的に見ても南陽市の落札額の実態は奇異にうつる。 あれだけの騒動をきわめた官製談合疑惑は墓場に消えようとしている。一市民が起こした警察署への疑惑告発は、南陽警察署をついに動かすことは出来なかったが、あくまでも黒い談合事件の納まりとなった。 議会は来年の選挙のためのパフォーマンスとして議会で質問しただげにとどめ一見落着の態でいる。これが税金を貧っている議員たちの姿だ。
 一方ではこんな噂が流れていることも事実だ。普段から気の弱かった当該職員はことあるごとに柴田副市長の餌食にされていたという事と、入札管理委員会に追い詰められたあげくに死に救いを求めたものだと言うのだ。南陽市の談合疑惑は墓場に消えてしまったが、常に疑獄事件の犠牲者はいるものである。張本人たちは何事もなかったように高笑いし己れの安泰にホットしている「悪の風景」は何も南陽市に限られたことではない。
 守屋事務次官といい、歴代農水相といい悪人たちのそろい踏みが日本国である。「ならぬことはなりませぬ」会津藩の規律である。一度、日本人は読んで肝に命じてほしい人間社会の規律である。

 米沢市の人口は現在「9万人を割りこんで8万人台に激減」したことを知った。明治21年、わが国に市政が制定されると同時に米沢市は市の制定を受けた誇りある市でだ。が、今日にみる人口衰退の原因とは何か。 市長たらんと手を挙げた候補者たちは、この現実を直視しそこで政策を伺いたいものである。マニフェストには輝かしい米沢市の未来が綴ちれているが、選挙に勝利するために「出来もしない公約」が踊っているみのだ。人口が減少するということは税収が足らなくなるということになる。それも考えずに「芝生のサッカー場を作る」「図書館を新設する」「中央市街地開発をする」と約束しながら「お金がないから出来ません」はないだろう。せめて創設にあたって進展している姿だけは市民に示してほしいものだ。「嘘を承知で固めた公約」だけはご免被りたいというのが市民の願いである。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック