FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

鬼のひとり言 36 「上杉球場」に思う

kage

2007/05/18 (Fri)

上杉スタジアムが「皆川球場」に名称替えした低俗な行政と野球族の暴走!

 当然ながら「上杉スタジアム」は米沢市の固有財産である。
ところが当該球場の名称が「皆川球場」と個人名に改称したのは行政の越権行為ではなかろうかと、市民の疑惑の声が本会に急激に寄せられている。
 皆川睦男投手は老生の2回後輩であるから、中学の頃「関根中学に怪物投手がいるらしい」と噂を聞いて知っていた。そこで老生の母校一中の野球部と皆川が投げる関根中学との練習試合の応援に東部小学校のグランドに駆り出された記憶がある。当時の関根中の野球選手には野球服もなくましてスパイクが揃っていなかった理由で対戦校としてはズック靴に履きかえてのゲームだった。
試合が始まって皆川投手の投げる球にバットは空を切るだけで肝心のバットに球がカスリもしなかったことを老生は覚えている。
 西高から南海球団入りして以来、個人的には数々の業績はあるだろう。が、それはあくまでも個人的な偉業であり、同時に個人的に収めて然るべきものだと考えている。本人としてもそう割切って黄泉への旅であったろう。偉業を成し遂げる人物とは世間に媚びる低俗さをもたないものである。その点では凡人が騒ぎ立てる「名誉欲」とは異質なものであり、スケベな欲望がつけ入るほど心に余裕があったとは思えない。毎日が緊張の人生であったろうと老生は信じている。
 彼の業績を顕彰するのはやぶさかではない。が、野球連盟の要請を受けて教育委員会が議会に働きかけたことまでは調査した。一方、では「市長の命令を受けてやむなく実行したものだ」とする行政の某課長はいう。 行政の課長職にある者が文言で見事に合致するのは「皆川球場は愛称だ」と言って逃げているが、愛称ならば従来の「上杉スタジアム」の表記の近くに「皆川」と書き入れて済むべきものである。
 国民の財産である「武道館」や「国技館」に個人名をなぞらえることが可能であろうか? 会津には「ならぬことはなりませぬ」という教えが今も生きた教育となって会津武士道を支えている。それからしても米沢市の教育文化の程度が解ろうというものである。顕彰する心根は了解できるとしても、それならば行政を巻き込まないで野球連盟独自の立場で当該スタジアム近くに顕彰碑を建立すべきである。
 高校野球の特待生の問題がマスコミを騒がせている。高校野球連盟というダラシナイ組織が露呈しただけのことである。時代の関心を求めるだけの希薄な組織が今になって表社会に顔を曝しただけのことではあるまいか。「あやまちを糾すのに、なんの躊躇がある」問題が騒然とならぬうちに元の名称にすべきがスジである。低俗な人間どもが求める名誉とか顕彰とかの類には、顕彰に真から値する人物は求めていないものである。行政ぐるみで低俗さを追い求めて恥じない米沢の風土を哀しく思うのは老生だけであろうか。
野球連盟の要請を可とし「教育委員会」が議会に働きかけるなどは言語道断!
米沢市長の希薄な政治感覚を天下に証明することになりはしまいか。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック