FC2ブログ
2021 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 06

鬼のひとり言 ⑲ 匿名某氏のガセネタ

kage

2007/04/05 (Thu)

 殺伐とした世の中になったものだ。先にこの欄で掲載したゴミ袋は千代田クリーンセンターとJA(農協)との馴れ合いの結果、某衆議院議薑の政治資金になっているのでは? というタレコミは、関係者を含めた本会の調査では「根拠のないデタラメ情報」であることが判明した。

[匿名某氏が寄せた情報]
① ゴミ袋の発注は特定企業(仙台市)に限定し、他社は入ることが出来ない。これは癒着というものである!
② 袋はJAを経由し小売店で販売されるがJAに独占卸をしている裏側では、某議院議員の政治力が働いているのではないか!
③ JAの年間手数料は2千万円を上回る。

[本会の調査では]
 過日千代田クリーンセンターの所長・主任に関係帳簿書類等持参の上、本会事務所に来てもらい精査した結果は次の通りである。

① 袋の購入は入札制度によって価格の低い業者に発注している事実を確認した。
② JAに卸している理由は3市5町の各地に支店をもっていることから、販売に最適任組織であること。
③ JAへの販売手数料は3%であり妥当なマージン率と思われる。昨年度の決算では約1千万円強が支払われ、匿名氏が指摘する年間2千万円にはほど遠い手数料である。

 蛇足ながらゴミ袋の差益は100%焼却事業に充当され、不足分は3市5町の各自治体の負担となっている。償却費用は受益者負担の考えからゴミ袋を利用している。
 スーパーなどの買物袋を使用した場合、肝心の焼去事業の利用者負担の公平化に反するので収集運搬から除外されている。
 所定のゴミ袋をしない塲合は、直接、千代田クリーンセンターに持ち込んで焼却してもらう方法があるがその場合には所定の焼却料を現地で支払うことになっている。

【匿名某氏の存在】
 以上、当会が精査した結果としては疑われるようなやましい行為は見られなかった。
よって某氏による情報はガセネタであり許し難い行為として氏名を公表したいところだがあえて某氏としよう。
 彼は社会福祉法人○○会を設立し、身体障がい者を雇用して「ゴミ袋生産事業」を企画している中心人物だが、本会の調査によると評判はすこぶる良くないのだ。
過去にも福祉を看板に出資者を募り金銭トラブルを起こしているとの情報が複数有り、今回の「ゴミ袋生産事業」もマユツバものである。
ガセネタを社会にバラ撒いて歩く理由は一体どこにあるのだろうか。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック