FC2ブログ
2020 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 02

ある教頭の歪んだ行動から

kage

2006/11/10 (Fri)

 その教職員は後に学校長を歴任し退職後は米沢市の要職に名を連ねた著名な人だけに人物の名は伏せる。
 老生の家に7人の女子短大生が寄宿していた時のことだから40年も前のことになるが、彼女たちは各学校に配置され「教育実習」に通い帰宅するとすぐに学校での出来事などを和気藹々と語り合っていたものだった。が、どうしたことか、普段は快活な学生がうかぬ顔して沈みかえり学生同士の楽しかるべき談笑の輪から外れて部屋に籠もっているのだ。
 見かねた老生が事情を尋ねたら「明日から教育実習に行きたくない」と言い出した。以下女子学生の告白である。
 「教師になる希望だったから、生徒と交わる時間は楽しかった。が、当該学校の教頭の執拗な誘いが嫌だった」と嘆く。低俗な教員の実態に触れ教員になる夢を捨てるのだという。
 その教頭は老生が中学生当時から教員だった。美貌な女子中学生に対して異常とも思える性癖をもって接していた。思春期真っ盛りの老生たちにとってはその行動があまりにも強烈に映り過ぎた。見かねた老生はクラスを代表して行動の是正を要求した。おかげで老生は廊下に立たされる常連とされ通知表は惨憺たるものになり下るばかりだった。
 たしかに感心しない教員はいる。父兄の発言で「先生方と父兄とで放課後を利用して懇親のソフトボールでもやってみたらどうだろうか」と提案がなされた。ところが間髪をいれず某教員から「時間外手当てはだれが出すんだ?」の声が飛んだ。父兄会は教員の発言でシュンと白んだがたまりかねた老生はその教員を睨み付けて「オマエは出ることないッ!」と一喝そしてソフトボールの開始となったが、気がついて見たら某教員の顔が父兄の後越しに見え隠れしているではないか。
 出たがり屋のご婦人がいる学級は不幸だ。某中学校では通知表の日には5000円の学級会費を徴収することがわかった。通知表をもらった後は学級懇談会と称して、駅前の食堂で教師を交えた飲み会を開くのが通例とされていた。したがって会費を払えないご婦人は翌日になって通知表を貰いにくるのだ。「先生は独身野郎でアレの経験もなかんべ。オレたちが教えてやんべず」などの会話に爆笑しながらの懇談会なのだ。老生は故北目教育長に事情を告げ、以来、学級懇親会は消えた。
 出たがり屋はご婦人にかぎらず男性にも多く見られる。常日頃調子だけは良くて人の受けだけを気にしている。そのくせ口だけ軽やかで役につくと目的達成とばかりに満足して、行動する気は露ほどもない。田舎ほどその傾向が強く、ゆえに地域の発展は遅れるだけの結果となる。
 男女を問わず「有言」のみで「実行」を欠く人間たちを評して「之れ無事名馬」と揶揄した言葉がわが国にはある。侮蔑されているのにも気がつかず「名篤」と言われて税に入っているご仁もいて世の中様々である。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック