FC2ブログ
2021 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 07

連日の「宮内中教師問題」書込み続出に思うこと

kage

2006/11/09 (Thu)

 この問題については「開いた口が塞がらない」というのが老生の正直な感慨だ。学校教育も堕ちるところまできたか! 慨嘆の一語に尽きる。「滅びにも美学というものがある」が、現代の教育界の崩落ぶりは「滅びるべく堕落街道一直線」の感がある。
 終戦前までは、教師は世間から聖職者として尊厳を集めていたものだ。そして教師は薄給に甘んじながらも「先生・教師」と尊敬の眼差しで迎え入れる社会に支えられてきたものである。
 現代の教職者にとって「聖職」の意味が正しく理解され受けとめられていないようだ。
 宮内中学校教師の行為は第一に「教え子たちを舐め切った上」「他校の女子中学生徒も同じようなものサ」と錯覚に陥った結果の行為であろう。
 だから、教え子たる宮内中学校の女子生徒の行動にも広がりが出てくることにもなってくる。
当該の教師は生徒間で一番を誇る人気教師だと聞くそこに落とし穴があったと考えることが出来る。「俺は大抵のことは許される」という不遜な思い上りである。妻子ある教師が出会い系サイトで相手になる女性を求める不条理さ、まだ年端もゆかぬガキが同じように交際相手を物色する破廉恥さは言語に絶する社会の恥部である。
 世の中は男女の世界であるから、男性と女性が互いに求め合うことは正常な行為ではある。が、宮中教師と女子中学生との求め合いは畜生道を感じさせる不快な結末でドラマにもならない不潔極まる印象だけが残る。
 裸の写真を送りつけ、そして相手に裸写真を送らせたあげく「逢わなければお前の裸写真を学校でバラ撒くぞ」とはなんという言い草だ。
 この行為が露見した結果どうなるか? に思い至らなかったバカで軽薄な自惚れ教師を社会は徹底的に弾劾する以外に救いようがない。一方で裸写真を送った女子中学生の家庭はどうなっているのであるか?
 老生の想定では「正常な家庭で育った娘」ではあるまい。大人であれば美人局という犯罪も考えられるが両親の愛に飢えていた娘なのではあるまいか。精神的に未熟な中学生でも女性としての肉体は完成しているのであろう。その情景を終日見続けてきた当該教師の歪んだ性に、自分自身で歯止めをかけられなかった精神的未熟さがこの度の不祥事を起こしてしまう結果だといえよう。「男女の情愛は永遠に美しいものである」が「偏愛・邪恋のはては失望と憎愛」となる。
 この問題に限らず教育界の堕落からすればおそらく氷山の一角であろう。したがって、事件の発覚は置賜地方の教育界にとっては警告であり眠りからさめて緊張感を高めるであろうから一概に責めることは自粛して「家庭教育の責務を認識して、子供たちの日常行動に心配り」に精出すことが肝要なことだと思われるのだが。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック