fc2ブログ
2021 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 11

NHKラジオ中継放送所の移転が具体化

kage

2021/10/26 (Tue)

NHKラジオ中継放送所の移転が具体化

 上記は現在「米澤城二の丸跡地」に設置され、米沢御堀端史蹟保存会は「鉄塔や張り巡らされた鉄線の景観は、価値ある史蹟に相応しくない」として10年前より市当局に「NHKと移転交渉を行うよう」要請を続けてきた。が、担当職員の働きは捗々しくなく、そこで個人的に他県の大物代議士の力を借りてNHKと交渉を進めて貰ったのが5年前である。そのとき指摘されたのが「市は本腰を入れてNHKと交渉していない」と言うことだった。
 そのことを担当職員に伝えたが「蛙の面に小便」の態度で進捗は見られなかったが、芳賀道也参議院議員が今年6月の国会でNHKに質したことから具体的な移転時期の回答を得ることができた。詳細は以下に米新10/25の記事を掲載する。
 
 松が岬公園西南角付近に設けられている「NHKラジオ米沢中継放送所」の移転先が米沢市直江石庭1番3地内に移転することが分かった。すでに所有権移転登記がことし9月28日に終えていることも分かった。

 NHK米沢中継放送所は昭和27年度に市の働きかけで、松が岬公園に設置、ローカル天気予報や郷土紹介などが行われてきた。
 しかしNHKの方針などで山形市に重点施設は移動し、高いアンテナと無人の施設について目立つようになっていた。付近住民からは「観光地にアンテナなどの施設は必要ない」などの声が高まって移転要望が出され国会でも取り上げられていた。
 移転地は直江石堤1番3で、ニツセキハウスグラウンド貸し施設付近。所有権移転登記は今年9月28日に終了、面積は1万611平方㍍。
 移転に向けた今後のスケジュールによると今月から設計・建設開始、令和5年移転先からの放送開始、令和6年度現在用地を市に返還予定となっている。
 市では、跡地利用について市庁内で協議のほか地元関係者からの意見も確認することにしている。(以上米新より)

 跡地利用については「米沢御堀端史蹟保存会」が中心となって「NHK跡地整備推進協議会」を立ち上げ検討を進めている。

ある御婦人からの電話

kage

2021/10/22 (Fri)

ある御婦人からの電話

 御婦人曰く「福祉課受付窓口が、入り口玄関から一番遠くて奥にあるのは納得できない、障害者や高齢者を思いやるなら入り口に近く設けるべきではないか!!」と憤懣やる方ない様子だった。
 そこで小生は福祉部の神保課長を訪れ「何故一番奥なのか?」を質したところ、理解し難い説明だったので書面での回答を求めた。返事が来たらこのブログで公開するつもり。
無題-1


 米沢市の新庁舎は、外構及び旧庁舎取り壊しを含めると約80億円という巨額の建設費で、今年5月1日にオープンした。 しかし使い勝手は前述御婦人に限らず、安部三十郎前市長に「議場の設計が悪い」と山新に投稿されたし、小生も複数の階に用があった場合など、関係窓口までの導線の長さにウンザリする。 庁舎東西の真ん中に、玄関や階段・エレベーターを設ければ使い勝手が良いというものだ。
無題-2


 新庁舎はそれだけではない。写真は庁舎南側の部分だが、半年も経たないのにこの景観だ。一般市民が大金を掛けての新築自宅なら、工事会社に文句の一つも言いたい所だろう。
00000291.jpg


 新庁舎の入札は公募型プロポーザル方式で、竹中工務店・後藤組・置賜建設・久米設計・特定建設工事共同企業体が落札したものだが、小生はこの時点からキナ臭さを感じていた。
 というのは、応募業者の工事額が同額である点と、落札した竹中工務店は「鉄骨構造」にも拘わらず、鉄骨構造より坪単価が高い称される「鉄筋コンクリート構造」の競合他社と同額である。同額ならメリットの多い鉄筋コンクリート構造を選ぶのが常識であろう。
 百歩譲って「工事費にとらわれず、市民・職員の使い勝手の良さで竹中工務店に決定した」と言うのなら納得もするが、前述の如き甚だ使い勝手が悪く、「責任者出てこい」と叫びたい心境だ。

 因みに審査委員会の面々は以下である。

会 長  山形大学工学部 建築・デザイン学科 教授 三 辻 和 弥
副会長  仙台高等専門学校 建築デザイン学科 教授 坂 口 大 洋
委 員  山形県県土整備部 建築住宅課営繕室 営繕室長 髙 橋 光 一
委 員  公益財団法人 山形県建設技術センター地域支援部参事(兼)建築課長 庄 司 久 一
委 員  米沢市副市長 井 戸 將 悟

 お気づきであろうが、立派な肩書きで市民を納得させようとする、行政の常套手段。

リモート芋煮会

kage

2021/10/15 (Fri)

リモート芋煮会

 年初に企画し、全国に発信して参加者を集い、10/10に松川河川敷で「上杉衆 これぞ芋煮会」を大々的に行おうとしたが、コロナ禍は収まらず、止むなくリモート芋煮会となった。
 これには、山形県立米沢女子短期大学の協力を得て、10/10にオンライン会議で実績のあるZoomで送受信を行った。その様子は同校の米短ホームページを覗いてもらいたい。

 初めての試みと言うこともあり、至らない点が多々有ったと思うが、参加者には概ね好評であったので、来年は松川河川敷でリアル「上杉衆 これぞ芋煮会」を開催し、その様子を全国にWeb発信しようと思っている。

 以下は、事前に少数で河原に行き、実際に芋煮を作ったときの写真で、10/10のリモート芋煮会に使用した。

02.jpg 41.jpg

43.jpg 04.jpg

05_20211015175832321.jpg 12.jpg

47.jpg 48.jpg

00000259.jpg 00000263.jpg

季節外れの啓蟄

kage

2021/10/12 (Tue)

季節外れの啓蟄

 2年近く続いたコロナ禍は世界中に影響を与え、人々の行動は萎縮した。この間、持病持ちの小生は正に「巣ごもり」状態で過ごし、ブログ更新も怠っていたが、コロナ禍も漸く沈静化の方向にあるので、季節外れの「啓蟄」(冬ごもりをしていた虫が気候が暖かくなって外に出てくる時期)の如く、以前のように当サイトを更新する予定。

 直近に思うこと!!
 数日前に日本大学の付属病院設計に関する背任事件が報道され、それによると、
・・・病院の設計業務契約について、設計料の金額に関係なく、提案内容などを審査して決める「プロポーザル方式」で設計業者を選定することとし、プロポーザルには4社が参加し、都内のある設計会社に発注先が決まった。
 この際に、井ノロ容疑者は審査に関与し、この設計会社が受注できるように評価点を上げ、他の3社を下げるといった改竄を行い、受注した設計会社に対し、井ノロ容疑者の指定する会社に2億2千万円を送金させた・・・

 米沢市民にとって「日大の背任事件などは無関係」と関心は薄いだろうが、米沢市でも市立病院の設計業者を選定する際に、上記のような背任行為が行われたのでは?と思わせる行為があった。

 市立病院の設計業者選定に当たっては、今般の日大と同じ「プロポーザル方式」によるもので、複数の応募があったが、令和元年8月京都の(株)内藤建築事務所に1億六千六百万円で発注された。
 が、驚いたことに、この内藤事務所は愛媛県より令和元年6月10日から令和2年6月9日までの1年間の指名停止処分を受けているのである。この1年間の指名停止と言うのは異例とも言うべき長期であり、「余程の悪行を犯した業者だろう」と業界通の間で噂された。
 
 因みに、(有)今田土建の道路補修工事に、米沢市は刑事告訴を行い有罪が確定した結果、平成30年12月10日から平成31年 3月31日の三ヶ月と20日程の処分であったことを鑑みれば、刑事罰を受けてもいない内藤事務所への1年間の指名停止は如何に異常か分かろうと言うものだ。

 通常、行政は脛に傷ある業者への発注は避けるもので、前記の今田土建には指名停止が解けた後も市からの発注は無いという。

 プロポーザル方式での業者選定は、選考委員数名が総合的に評価した合計点数で決められるため、日大の井ノロ容疑者の如く彼らの匙加減でいかようにも決せられる。
 小生は、証拠は無いが市立病院の場合にも「神の声」が有ったと思っている。

 議会で、小中学校の児童生徒に提供する給食に当たっては「センター方式」を採用することが議決されたが、「センター方式」と決めた教育委員会に、日大の井ノロ容疑者と同じ匂いが感じられ、現在しらべている。