FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

4,000人の町の住民パワー

kage

2019/09/12 (Thu)

4,000人の町の住民パワー 

336.jpg  新潟県小千谷市片貝町で9月9~10日開催される「片貝まつり」(浅原神社秋季例大祭奉納大煙火)を、昨年に続き今年も9日に訪れた。
 地元の浅原神社に地元住民が花火を奉納する神事で、400年の歴史があり、この日は都会に就職した若者も地元に戻って参加し、祭りを盛り上げる。
 花火大会は各地で開催されているが他と一線を画すのは、僅か4,000人の住民が一年間預金し、15,000発もの花火を打ち上げると言うのだから恐れ入る。

片貝ウェブ  打ち上げには、提供者の名前と「祝う還暦 人生まだまだこれから」などのメッセージが添えられてアナウンスされ、尺玉2~3発と7寸・5寸玉3~5発がセットで打ち上げられるのが多い。
 因みにその費用は「十号玉(尺玉=30㎝) \53,500」「七号玉 \25,200」「五号玉 \12,050」と言うから15~30万円の費用を個人が負担する訳で、平均25,000円の花火を15,000発打ち上げれば、3億7千5百万円もの巨額となる。

 最後に、企業と公的機関のスポンサーによる直径800mに広がる「世界一の4尺玉」が打ち上げられる。9日は打ち上げ高度が足りず地面すれすれで開花して残念な結果となったが、翌10日にBSフジが生中継で放映したので自宅のテレビで鑑賞した。
 昨年は見事に打ち上げられ、破裂音と衝撃波たるや凄まじく、普通のカメラレンズでは収まりきれない大輪の花が頭上に広がるさまは「来年も又来よう」との感銘を覚えた。

 片貝まつりを観て感じたのは、郷土愛と伝統を守る誇りと住民パワーだが、はたして米沢市民はと思うと、そのいずれも希薄なのは130万石から30万石に地獄の大減封を食らった米沢藩の「質素倹約」の精神が未だに受け継がれているからか?

 嘆いてばかりいても始まらないので、10月には米沢道の駅で「前田慶次」にまつわる催しを計画している。具体的になったら当ブログで詳細を伝えるつもり。

ポジティブ

kage

2019/09/09 (Mon)

ポジティブ

 9/8掲示板シュウ氏の「ポジティブに考えていく事も必要」という主張に同感である。
 安部前市長の時は色々な提案を行ったが、アスペルガー症候群を患っていると思える対応に「トップを代えなければ・・・」と中川勝氏に期待を寄せたが、これ又似たような症状の市長に、又々「トップを代えなければ・・・」との思いに苛(さいな)まれるこの頃である。

 首長の権限は強大が故に、良き市長の地方自治体はそれなりの成果を上げているが、当市の場合は吉池慶太郎市長を最後に市長の資質は余り良くない。
 市長が至らなければ、それを補完する市議会であったならばそれなりの発展も期待出来ようが、今の議会では「とほほ・・・」というのが実感である。

 片山善博元総務相は「地方議会は学芸会」と揶揄し、「議員質問中心の議会運営をやめ、アメリカ自治体のように案件別に関係住民を交え、実務的に処理すれば良い」と述べている。
 静岡県富士市では議員と市民が協議し「ユニバーサル就労推進条例」を制定して病気や障害など様々な理由で働けない人のために「就労支援センター」をオープンした。
 
 前記二例とも「市民との対話」を重視しているのが分かる。
 数年前、書面で議会に懇談会を申し入れたが、返事が無いので電話で問い合わせると「Webに申し込み用紙のひな形があるからそれで申し込め」とタカピーな態度の島軒純一市議であり、会が開かれて質問をすると「質問をするのであればこの会は中止する」と喧嘩腰で語ったのは海老名悟市議であった。
 このように議会に期待するのは無理なので、市民との対話の出来る新市長に期待する。

 この所少しでも市の為になればと思って行っている事に、中学生対象の「美し米沢 写生大会」がある。 これは、歴史的な建造物や風景を写生し、郷里米沢の歴史を理解して愛着心を育んでもらおうと、市教育委員会協力のもと夏休みの宿題として企画したものである。 近いうちに市庁舎ロビーに展示されるであろうから観て貰いたい。

 それと「上杉御廟所」と「ようざん桜の杜」に「平洲椿の里」として、その苗を植樹する提案は、市が主体で実行することに決定し、今月末催されるから、観光米沢の一助になる事を願っている。

市庁舎建設建設の疑惑

kage

2019/09/04 (Wed)

市庁舎建設建設の疑惑

 「米沢を良くする会」氏の掲示板投稿で、市庁舎建設建設の疑惑は御理解頂けたと思うが、当会にも告発文が郵送され調査したので補足したい。(告発文を下に載せたので参照願いたい。)

 要約すれば、「新庁舎建設で発生した残土を運搬する際、運転手が金員を得た行為は違法ではないか?」と言うことだろう。

 掲示板投稿にもあるように、米沢市は竹中工務店を主とするJVに丸投げ発注したので、請け負い会社の支払いに口出しする権限は無く、工事請負契約金額内に収まれば良い。
 但し、残土が不法投棄していないかは米沢市の監督下にあるので、その点を質すと、建設部長は「適法である施工計画書通り運搬されていることを確認した」とのこと。

【当会への告発文】
米沢市総務部長 殿
米沢市建設部長 殿
株式会社 ■■■ 殿
株式会社 ■■■ 殿
株式会社 ■■■ 殿
殿一各報道機関 殿

                    米沢の明日を守る会代表

米沢市役所新庁舎建設工事に伴う建設残材の件

 表題の通り米沢市役所新庁舎建設工事に伴う建設残材(残土)処分について、処分地の選定はどのようにして行われたのか?実際、地元米沢市■■■地内にある米沢市の不動産会社所有地への埋戻材として使われている様だが、なぜ民間の土地の埋戻材として公共工事の残土が使用されているのか?今回何故この様な文書を作成し送付した理由としては、巷で中間業者の中で個人へ、10tダンプトラック1台当たり3,000円程度のバックマージンが発生している様であるが、それを米沢市として把握しているのだろうか?という疑問、運搬路でわざわざ米沢市の中心街を通行し時間を掛けて10tダンプトラックを走らせている現状。工期の短縮を考えれば他に別の処分地があったのではないのか?米沢市発注の仕事でありながら、他県、市外の10tダンプトラックを使っている理由は?その工事を受注している、大手ゼネコンJVの中に係っている■■■株式会社の社員 ■■■氏、米沢市■■■在住 ■■■氏両者が、先程もあった10tダンプトラック1台当たり3,000円程度のバックマージンを貰っているという話が地元米沢市内で湧き出ている。民間工事ならまだしも、公共工事に於いて米沢市民の血税から一個人に利益を与えているという話は如何なものか?と思われる。尚、処分埋戻地の所有者は前記の通り不動産業者という一個人の土地であり、処分埋戻地への搬入受入業者の代表はその不動産業者なのか?マージンを受け取っているとされる2名の内のどちらかになっているのか?その事を米沢市役所としてきちんと把握しているのか?米沢市民の血税の中から出ている処分代は果たして誰の手に渡っているのか?この事案は米沢市役所各担当部署から報道機関を通し、嘘、偽り無く調査・説明していただきたく思う。

※この事案をうやむやに庁内で処理したりしないよう心から願う。

大曲の花火

kage

2019/09/02 (Mon)

大曲の花火
325.jpg
 8/31旅行会社のツアーに参加し大曲の花火を見物した。人口4万の大曲に77万人が来たと言うから:経済効果も端ではない。左の写真のごとく会場の河川敷まで人人人の波が続き、歩くのもままならない。






326.jpg
 まだ太陽が燦々と輝く17時15分より昼の部の花火が打ち上げられる。夜の花人とは趣を異にし、煙の形と色合いが評価基準となる。 全国に幾多とある花火競技で、この手の花火は大曲のみとのこと。






 18時50分いよいよ夜の部が始まった。昨年と一昨年見物した大迫力の長岡花火や、世界一の四尺玉を打ち上げる小千谷の花火も素晴らしいが、大曲の花火は色と構成が素晴らしく見応えのある2時間であった。
327.jpg 328.jpg 329.jpg
330.jpg 331.jpg 332.jpg