FC2ブログ
2009 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2009 04

政界「関ガ原の合戦」を観戦すれば?

kage

2009/03/27 (Fri)

 現今の政界をみつめていると「関ガ原の決戦」に思いがつながってくる。 関ガ原の合戦は、わが国を二分する東西の覇者を決定する最後の死闘であった。
申すまでもないが、激闘8時間にもおよぶ両雄死闘の末に、いらつく家康陣から小早川陣営に向けて打ち出された長距離砲によって小早川秀秋陣営はパニックに陥り入り、次の瞬間1万5千の大軍勢が松尾山の麓に布陣する大谷吉継陣営を一気に襲う。
 結果は小西隊・宇喜多隊など総崩れとなり石田隊も崩壊して、三成は伊吹木山に敗走し東軍の勝利で幕は閉じた。

  さて、麻生総理を抱く与党自民党側の拙政に、国民感情が与党自民党から離脱する動きが顕著となり、日々の世論は民主党との政権交替劇を示唆する動きが高揚していくなかに民主党小沢党首の秘書が逮捕される事件が発生した。
国民には「なぜ今頃になって?」という疑問が生まれるのは当然のことであった。  支持率低下による「政権交替劇」は、自民党最大の恥辱であり与党政治家たちにとっては慶長5年由来の関ガ原の死闘にも似た思いであったろう。「どんな手を使っても政権は守らねばならぬ」 。
  もともと政界は魑魅魍魎の集団であり何が起こっても不思議ではない世界なのである。自民党はどのような手段を講じて天下を制しようとするのか? そしてその時期はいつか?
  民主主義の世相を激変させるにはマスコミの操作が第一である。まず、定額給付金という悪名の高い選挙前の金員のバラ撒きを行い、国民の大多数が給付金論争の終決をまって「給付金を期待する頃合」をまってマスコミの操作に入る。
  狙いがライバル民主党小沢党首の首であり、その支持率の低下であったのだ。

  政治家が政治資金を得るのが悪いのであれば、歯科医師会が出した1億円の小切手を懐に収めた橋本首相をはじめ同席していた野中議員らは「記憶にありません」と惚けた事件を思い出す。
  今回も自民党閣僚から政治献金を受け取った大臣がいても捜査が行なれない不思議さに国民は騙されているのではあるまいか。 政権交替を目の前にした民主党内には「党首おろし」の声が高まっているが、これが開かれた民主主義に撤した党だとはいえまいか。
  政治家たちがもっとも恐れるのは有権者の行動意識であり、選挙による落選の憂き目である。かつて田中角栄から首相の座を奪うためにアメリカが動いた事例がある。政界の裏側には政治を動かすフィクサーなるものが存在する気味悪さがあるようだ。
  この度の小沢党首秘書の逮捕によってライバル政党の国民評価が下落するであろうから、自民党との政権交替はどうなるのであろうか。「さらば小沢」の表題を掲げて新聞紙上に広告する「週間文春」のドエライ宣伝を見ても、なぜか虚しさだけが残る今日この頃の政界事情に迷わされぬ覚悟が必要だと思っている。

世界的大不況時に企業献金騒ぎなど起こしている場合であるか?

kage

2009/03/11 (Wed)

 総理のいう「さもしい定額給付金」が議会決議の前日「民主党の党首小沢一郎の第一秘書」の逮捕劇は何を意味するものであったろう。連日の報道によれば自民党麻生総裁の支持率低下が話題の中心となっていたことによって政権交替が時間の問題になっていた。
 老生は「あの自民党が麻生交替は是としても、野党との政権交替を黙って見逃すわけがない。かつて田中総裁を総理の座から引きずりおろすためにコーチャン委員会なる聞き憤れない米国の委員会をシャシャリ出して、田中を犯罪人として地検が逮捕した恥部が自民党にはある。

 そこで自民党の仕掛ける「ウルトトラCの裏業とはどんなものであろうか?」そしてその時期は?
 総選挙の前に仕掛けるはずで、その目的とは民主党から有権者の離脱を図ることであり、支持率の低下にあえぐ自民党と同じように民主党の支持率を下げ、批判分子を増量することであろう。
支持率の低下が自民党と同じようであれば「自民党の勝利」につながるという小細工であったろう。厳しいはずの地検であっても与党政治の裏技には協力的であるはずだ。
 地方の選挙時を見ればわかるように、選挙違反で逮捕されるのは破れた候補者側である。勝者に違反があったとしても逮捕劇はめずらしいものである。
社会は勝者にのみ傾くものであり、官憲もまた同様である。だから民主党々首小沢秘書だけの逮捕劇は当然の政治的裏事情から発露したものであろう。

 ところが自民党閣僚や元閣僚などを含めて出るわ出てくるわで当該仕掛人も困惑しているのでないかと「ヘソで茶を沸かす」が道理だ。
こんなズサンな裏事情があったんでは「金にさもしい」とのコトバは自民党総裁にお返しすることになる。
  自民党の容疑者らは「金は返還する」との一点張りのようだが露見したら返すでは論理は成立しないであろう。「盗んだものは返せばいい」というコトバの裏には「バレなきゃそのままサ」という論理に発展する。これが政治家たちの論理であり姿勢なのであろう。

 政治と金の縁は切っても切り離せないものである。だから政治を志す者は当選するためにスポンサーを必要とし、スポンサーは企業のために強力な番頭を政治家に求める。
これらのもたれあいは歴史的にも連綿とつづけられてきた悪癖であるから悪徳業者と悪代官の癒着は切れることはない。

 さて結末はどうなることか。 悪名高い「定額給付金」報道では70%の反対があっとされているが、本音では国民の90%以上の支持率があったものと考えている。報道の真偽とはそんなものだ。
  老生は妻と二人して歓迎しながら給付金を受けるつもりである。「さもしい金額」であろうと金額の価値はどうあろうとも税金の割り戻しと思えばよいのだから胸を張って受け取るのが筋というものであろう。自
  民党のバラ蒔きであろうとなかろうと投票は不問で受け取り、ましてさもしい感慨など生まれようもないのだ。