FC2ブログ
2003 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2003 11

日本沈没か!政治の腐敗頂点に!

kage

2003/10/25 (Sat)

「一の政治家なく、数多くの政論家あり。一の政論なく、数多くの政党屋あり」明治の作家・斎藤緑雨の政治家不在を憂いた位置文である。組織の若返りは、いつの世も拍手を得る早道に違いない。

 自民党の中曽根康弘は超高齢化社会を見越して、いち早く消費税の導入に口火を切った人だ。「税金を投入してもわが国の金融危機の芽を摘むべし」と喝破したのは宮沢喜一だ。両者ともに国家観や政治手段は違っていても、世間の拍手を欲しがらず不人気政策から逃げないところが似ている。

 それに比して小泉純一郎は世間の人気と拍手を気にするあまり、はじめ田中真紀子を外務大臣に起用し「やれやれ」とけしかけておきながら、後ろでは大臣の裾を踏んでいたことが告発された。

 こんどは若い石原を国土交通大臣に任命し、問題の道路公団藤井治芳総裁の斬首の任を命じ選挙時の喝采を浴びようとしたものの藤井縫裁の逆襲に遭いお手あげの態だ。藤井総裁の不適な笑いの意味するところは「政界の道路族が介入した国士払い下げ問題」で「死人が出るぞ」「墓場まで持って行かねばならない自民党の大物たちの名前だ」と、イニシャルで示す両刃の剣作戦に出た。

小泉首相はテレビ談話で「高速道路の緊急電話設備を公団が設置すると一器250万かかるが、NTTに直接頼むと一器40万でできるというんだ。差額の210万円はどこに消えてしまうんだ。不思議なことだね」と言って公団の不明朗さをアピールしたが、赤字の原因に自民党の大物道路族議員が関わりあっていたことによって自民党は大慌て、更に中曽根康弘元総理大臣が議員定年制(比例)に猛反発「今になって約束を反故にするのかッ!」小泉自民党これらのおさまりをどうつけるのかだ。 この度の選挙何が起こるかわからない。国民の大多数は田中真紀子の真紀子節を聞きたいと願ってる。

投書 オレの名前は屁の喝破だ

kage

2003/10/25 (Sat)

市長選は関ヶ原の決戦か!
小早川はエンタケか?源か誠か?


 早々と市長後援会と称する団体から葉書が届けられた。何と米沢藩の武将を気取って武将?の連記葉書である。これらの人物がこぞって推奨する人物とは、一体どれだけの能力をもった候補者であるか。探りを入れてみると武将?たちは表向きの看板に過ぎず選挙態勢の中核にいるのは市役所のOBたちであった。平たくいえば退屈している市役所退職者たちである。これら退職者連中が主導する市政とはいかなるものであるか。いわずもがな官僚主導型でなんら永田町政治と変わることがない。

 税金の1 0 0%を人件費に分け、足らなければ税金を値上げすればそれで済むという体質にドップリ漬かりきった野郎どもだ。一企業からすれば、会社の売り上げが全部人件費では仕入れ代金すら払えなくなる。会社は売り上げの総体で人件費の割合を決めるものだ。足らなければ増税すればいいという体質では日本は完全な悪代官の天国になる。米沢市にかぎらず行革とは職員の給与をまずカットすることからはじめるのが筋だと考えるのだ、長野県を見習って。

 野村候補の出馬断念に大久保陣営では乾杯したと聞くが不明朗なことである。野村候補断念の裏には野村候補に自民党は公認どころか推薦すらしなかったことが候補者に重いダメージをあたえたと聞く。野村候補は自民党県連の要職幹事長をつとめた人物で、さらに遠藤武彦元農水副大臣の唯一の支援県会議員であった人だ。断念は病気理由ではあるが事情通にいわせるとエンタケの野村捨てであるという。頼みの親分に裏切られ、かつて同僚県会議員だったすべての議員に背を向けられたショックはいかなるものであるか。せめて野村氏の健康快復を望むのみだ。

西吾妻ロープウェー経営に疑義

kage

2003/10/25 (Sat)

碁盤の天元から、西吾妻スキー場を天元台スキー場と名づけたのは安孫子藤吉知事だ。以来、スキーブームに加え良質な雪質などから賑いを見せていたものだった。スキーブームが去り、スキー場がファッションの場であり、出会いの場であることから多くのカップルが生まれていった。

 それも不景気風に煽られ、遠距離のスキー場は敬遠されつつある最中に、プロの営利会社が断念したスキー場を、地元観光協会いわばアマ集団で経営をするという仕組みだ。しかも、設備の一切を無償提供で、しかも米沢市が毎年17年度まで500万円を限度に索道の施設管理費をもつ優遇処置。加えて米沢市は購入額が800万以上の自動車・重機車両の購入費および定期点検費用と建物や工作物の大規模な改修費用などは役所が拠出する。

 スキー場経営者が負担するのは賠償保健・損害保険料にかぎられている。要するにお膳立ては米沢市(住民の税金)がやって、スキー場経者の負担は至ってゼロに近いものだ。しかも住民の税金を投入しているのに米沢市民の優待はない。経営の黒字は米沢市民の活用度合いにかかっているという具合だ。長井市の場合、アヤメ公園への入場料は市民ならダダでしかも無料の入場券は家族数よりも多く配られている。余所からの集客に市民が一役買っているという具合だ。

スキー場も賑いを期待するのであれば、まず市民の施設費用をダダにすべきものであろう。が、いずれにしてもブームが去りプロの経営者がサジを投げた施設である。よほどの経営感覚がなければ黒字経営は望めそうもないのが実情だ。

 当該経営者たちの感覚を覗いてみると、米沢市からの500万円補助注入を雑収入として計上し、あわせて16万円の黒字だとして、役員に一人あたり100万円の手当てを支給する感覚の持ち主たちである。米沢市の補助金500万円から黒字だという16万円を差し引くと、実質は484万円の赤字になる。補助金を役員賞与にあてるとはその感覚やいかに。

 さらに今年度は圧雪機購入のため、議会は3千万の予算を通過させた。実質購入価格は2千50万円也。差額は米沢市の支出とはなるまいが、設備の一切を行政に負担させたスキー場は前代未聞だ。黒字は当たり前の事。それでいて赤字を出すならば経営者たちは完全に知的能力欠如者となる。

 またぞろ黒い噂が流れている。スキー場に納入希望者は役員の一人内藤文徳氏を通さねばならない仕組みになっており内藤氏のピンはねが問題だという。スキー場に限らず内藤一族が経営している上杉城史苑第三セクターに甘んじて今もって赤字経営だという。米沢市は優れた経営者不在の街であるか。
とまれ、米沢市が負担する経費はすべて市民の血税であることを!

市長選あれこれ

kage

2003/10/21 (Tue)

本欄は秋の米沢市長選について言及することを極力避けてきたが、春から連日のように問題点を市民から提示されてきた。そこで市民から寄せられた幾つかの問題点を載せてみた。


① ある第六中学校同窓生・主婦からの電話
 故郷を離れて十数年、この夏、同窓会が開かれるという通知を頂いて、喜び勇んで久しぶりにお里帰りし、同窓生の集まる会場に急いだ。ところが肝心の同窓会は次期米沢市長に立候補するという大久保氏の選議演説会場に様がわりしているのだ。
 いくら先輩の立候補だとはいえ、同窓会を自分の選挙会場に使うとは何事。選挙に勝ためなら方法論を選ばないという不見識さには呆れてしまった。同級生のみんなは声を揃えて「あんな非常識な候補者に米沢市は任せられないわ。絶対わたしたちは票を入れないことに決めたんです」 米沢市のみなさん、いやしい行為だとは思いませんか。

② ある行政径験者の話
 昔、同僚だった人物を評価するのは真意ではないが、野村研三氏が立候補を辞退した時点で大久保陣営では「これで勝利間違い無しッ!」と言って乾杯したそうだが、私はそれを聞いて憤慨した。
 少なくとも病魔に犯されての相手の立候補断念である。喜んで乾杯するとは非常識も甚だしい。勝ならば方法は選ばず「勝てば官軍」意識はあまりにもいやしい根性である。こんな取り巻きの中で立候補する大久保氏も気の毒なことだが、高橋、後藤・武田らの院政のために米沢市はいったいどうなるものやら。行政畠だけを歩いてきた大久保氏であるだけに、政治の裏側の毒に対して免疫がない。
 毒に汚れきった高橋・後藤・武田らの毒牙の餌食にされることは明白である。大久保氏よ、たった数人だけが市民じゃない。彼らとの関係を断ち切って立候補してもらいたい人物だ。米沢市民の多くは長かった高橋市政に期待するものはなくなっているのだ。その繰り返しでは米沢市民を愚弄するだけのことになる。

「あれ、 あんな人が?!」 功労者表彰に異議あり

kage

2003/10/15 (Wed)

本日(10月15日)、米沢新聞紙上に米沢市の功績者・功労者・技能功労者の受賞者名と主な功績が発表された記事が掲載された。早速、当編集局に電話が入った。「なぜ、あんな人が表彰を受けるのですか?功労章が泣きますよ」というものだった。

来社願って詳細を尋ねたところ以下のようなことが語られた。プライバシーのことであり名誉毀損の訴訟も考えられたが法廷でも証言を辞さないという真剣なものだったので、あえて公表することとした。

受賞者の選定にあたっては米沢市議会議長をはじめとする各種民間人によって組織されている選定委員らよって決められているものらしく、自薦なども多く以前はその選定に役所が悩み抜いていたという。

現在は市の総務課の管轄となりまとめているのだが、個人のプライバシーまで調査の目が届かないことから、選定委員に任せているのが実情だ。問題視されている該当者は三人で、実名を揚げて糾弾するのは避けることにした。

☆功労者

① 78歳の男性 青少年育成・民生安定に功労があったとする人。

  護司会の会計担当時に公金を使い込みしたとする人物で、ために保護司を解任された人物との評価。


② 芸術文化。75歳女性。華道教授。前東高校同窓会会長。

  お弟子さんたちに教授する折りの材料の支払いに不明朗あり、材料を提供する花奔業界では多大な迷惑を被って  いる噂が判明。


③ 健康増進 65歳女性

 高橋幸翁後援会の婦人部長を長年つとめ高橋市長夫人と知已の間柄。
 以前、教育委員の候補にあがったが米沢市議会が認めなかった人。
 米沢女子短期大学同窓会の会長職を止めようとしないので同窓会が困惑しているとの噂もある。
 愛息は市の職員だが能力的に問題があり税金の無駄使いの典型的な例だと評判。
 評価では「うす味コンクール」などで地域に浸透を図ったことが評価の対象にされているが、減塩運動がどれだけ 多くの健康を損なってきたか現代の健康白書を見ればわかる。
 したがって、事実を踏まえない世論の旗をかついで物知り顔をつづけた人物との評価。選挙用表彰との声もある


他の功績者・功労者たちに交じって以上のような人物が表彰を受けるのは問題がある。 として毎年の表彰に市民は異議をもち表彰の価値を下落させることになりはしないかとの意見であった。議員表彰は五期からだと市役所の見解。

お見合いは二度不調?

kage

2003/10/11 (Sat)

広域合併問題、さきに川西町議会に否決され、こんどは長井議会に否決された。二度ともに米沢議会は合併賛成を通過させたが、相手の拒否によって元にもどされた。

長井市はじめ川西町の議会は共に高橋市長に嫌悪感をもっているからだといい、高畠は上杉藩に反感をもっている町柄で、南陽市はハタヤ根性に深い違和感を持っているのだという。

いずれにしても米沢市は四面 楚歌、大置賜市の構想は夢のまた夢であろうか。二度見合いに振られた米沢市だが、行政や議会に反省と意地はないのか。

市長、佐藤議員を恫喝!

kage

2003/10/11 (Sat)

9月19日予算特別委員会で佐藤忠次議員の発言に激怒した高橋市長は、閉会後、佐藤議員を追いかけ回し恫喝し続けた。

市内に出回っていた窪田・ 塩井地区の除雪隊が設けた「出羽そば」夫婦同伴接待を受けた時のスナップ写真が同委員会で佐藤委員によって配られた後、佐藤議員の発言「除雪は民間に任せ、米沢市直営の除雪はしない。という決まりがあるが、この写真に写っているメンバーは米沢市直轄の除雪メンバーである。

接待を受けた市長 、助役夫婦に担当部長夫婦までが出席している。まさか、彼らと除雪の約束をしてきたのではあるまい」と念を捺した質問であった。よほど写真にこだわりを見せていたのであろう。

委員会終了と同時に佐藤議員に向かって「根も葉もないこと抜かしおってッ!」と隣部屋にいた議員たちも驚くような大声をあげて佐藤議員を恫喝したという。余程、痛い所を佐藤議員に突かれたものらしい。

市長と公務員たちの奢り

kage

2003/10/11 (Sat)

既報、市立第6中学校新築工事による競争入札は、落札社変更という前代未聞 の珍事で一件落着したようだが、入札の仕組みをめぐっていまだに燻りつづけ ている。執行者4名(市職員)全員が入札書を確認し、入札書の順番を整理し たのは契約検査課補佐だったと町田執行人は言う。

[Q&A] 
 Q 確認の時点で落札社が確定していたはずだ。ならば落札社を読み上
   げる前に補佐の整理間違いに気づかなかったわけは?

 A 町田執行人(総務部長)異議が出てはじめて整理間違いに気づいた。


 Q 単純な補佐の整理違いであれば、直ちに当該2社に入札書を開示し
   陳謝した上で了解を得るべきでなかったか?

 A 入札マニュアルに従い再発表したが異議が出なかったので閉鎖した。


 Q 落札社変更が正当なものであったかを証明する第3者がいない。後
   日紛争の火種にならないよう配慮が足らなかったのではないか?

 A 町田執行人(総務部長)異議が出てはじめて整理間違いに気づいた。


 Q 確認の時点で落札社が確定していたはずだ。ならば落札社を読み上
   げる前に補佐の整理間違いに気づかなかったわけは?

 A 落札社発表は絶対であり、開示する必要はない。金額が大きいので
   当該入札に4名が執行に立ち会ったのだ。



 Q 4名の執行人がいてすら間違ったのは事実だ。執行人に謙虚な態度
   があったならば入札室の中で解決できた問題だ。業者のいう弱者に
   対する配慮に欠けていたのは公務員の奢りというものだ。

 A 入札の状況を説明した上で議会で陳謝した。だから今更、市民感情
   が揺れているといわれてもマニュアル通りにやったことだ。マニュア
   ルには間違ったら訂正して発表することとなっている。



 Q 今までに落札社変更という重大な過ちはなかったと聞いている。さ
   らに異議によって確認作業がなされたようだが、当該の入札書は6
   枚のうち中頃から引き出されたと入札室にいた2業者が見ている。
   12社が各々JVを組んで入札書はわずか6通。しかも、他社4通は
   7億円台であり2社だけが5億円台であった。たった2通の入札書
   を間違えるとは言語道断、これが公務員のする仕事か?公務員に
   寄せる市民の不信感をどう説明する。処置は?

 A この度の入札だけに限ったことではない。過去にもいろいろあった。


 Q だから許されるということにはならない。一般企業ではペナルティ
   が課せられるミスだ。公務員にペナルティはないのか?

 A 過ちを繰り返さないために今協議中だ。


 Q ある市民によって入札妨害で刑事告発がなされているのは知ってい
   るか?

 A 聞いている。マニュアル通りに進めたのだから問題はない。


自己保身にのみ終始する町田総務部長の言葉の裏には、公務員の奢りとアンチ 社会性だけが目立つものだった。さて、一市民の告発を同じ公務員たる警察は どのような対応をみせるのであろうか。市民の公務員に対する不信感はいよい よ高まるばかりだ。

市長候補野村研三脱落

kage

2003/10/03 (Fri)

山形県議会議員を昨年中に辞任し、引退を予想された高橋米沢市長の後釜を狙って立候補準備していた野村研三氏は今年になって、肝臓の悪化によって 二度入院立候補を断念したが、巷ではノイローゼ原因説が囁かれている。遠藤武彦衆議院議員の後楯が母体になっての立候補予定だったが、まず、自民 党米沢支部の推薦すら受けることができなくなったことがひとつ。

院政を画策する高橋現市長によって大久保候補の根回しが予想をはるかに越えて功を 奏していること。加えて、自民党県議の後藤源、武田誠、それに加えて反遠 藤武彦派の木村莞爾元県議親子らがこぞって大久保候補擁立に集ったことなどなどが相当のダメージになったらしい。

自民党県議の幹事長までやった野 村候補にとって、まさか自民党米沢支部長らの冷たい仕打ちが待っているとは思えなかったろう。昨日の友は今日の敵で一寸先は闇の世界であることを改めて噛み締めているに違いない。

自民党米沢支部の野村いじめ

kage

2003/10/03 (Fri)

野村候補予定者は自民党米沢支部に公認依頼および自民党推薦依頼を出して いた。自民党米沢支部長後藤源と武田誠顧問は、野村推薦について「後のゴ タゴタを避けるために野村・大久保両候補ともに推薦することは避けたい」 として自民党米沢支部規則を反故にすべく発言した。これに反発した市議は 「異議」を連発して杭したが、高橋市長の手がまわっている後藤源・武田誠 顧問に潰された格好になっている。

[推薦を反対した議員]後藤源 ・ 武田誠 ・ 五十嵐謙一
              須藤紘一 ・ 小島卓二 ・ 菊池富蔵  6名

[推薦すべしとした議員]中川勝 ・ 鳥海茂太 ・ 斎藤春美 ・ 木村勇一
               山村栄 ・ 川野裕章 ・ 遠藤宏三 ・ 我妻寿光
               佐藤正夫 ・ 加藤喜衛門 ・ 鈴木章郎
               伊藤亮一 ・ 佐藤忠次  13名

つぶされた多数決の原理

kage

2003/10/03 (Fri)

民主主義の原点は多数決の原理を守りぬくことにあり、国政はそれによって厳に施行されている。にもかかわらず、多数派を潰さなければならない事 情が後藤・武田にはあるのだ。後藤は高橋の跡目相続した県会議員であり、 武田は自民党県議最古参ながら、だれにも相手にされない自民党の窓際族で あり、数年前に南陽市民に蛇蠍のごとく嫌われて南陽市役所に出入りできなくなっている利権屋議員と呼ばれている現職の県会議員だ。

噂によると頻繁 に米沢市長室に出入りし市長との関係から「武田の工事価格が一番当てにな る」と土木建築業界では評判なのだ。後藤・武田両県議とも高橋院政に集ま ったスタッフであることの証左だと見る向きが多い。さて、党規約を反故に された県議市議らの反抗はいかなるものか消息通は興味をもって見守ってい るようだ。

高橋市長の醜聞が著作に?

kage

2003/10/03 (Fri)

引退を前にした高橋市長の醜聞が発刊されるという噂がある。高橋院政に怒 る著者が執筆中。内容は業者癒着の構造を含めた市民の知らない市長のドロ ドロした陰の顔を渾身をこめた筆力で抉るものらしい。